2016年12月の記事一覧

日々の生活のことを書き綴ります

月別アーカイブ:2016年12月

  • 2016/12/28生活

    先日はじめたばかりのツイッターでしたが、2日と持たずに辞めることにしました。フォローして頂いた方、一瞬で終わってしまいすみませんでした。我ながら早すぎる切り替えにびっくりです…なんで辞めることにしたかというと、ツイッターは交流ができるツールなのでブログの反応がもろに返ってくることが予想されるからでした。そしてそれに耐えられそうになかったからでした。コメントには肯定的な反応も否定的な反応もあります。そ...

    記事を読む

  • 2016/12/27レビュー

    知人からお歳暮として「芋屋金次郎」の特選芋けんぴを頂きました~!(*'ω'*)もう嬉しくてウキウキしちゃって、すぐ食べ始めちゃったよね!これらの写真は芋けんぴを食べたあとに撮影しました(*´▽`*)包装紙はこんな感じです。開けるとカンカンはこんな感じ。よくお煎餅とかが入ってるカンカンですな。芋けんぴって高知の人の好物なんだねー。知らなかった。蓋を開けてみましょう、そうしましょう。うおお!!小分けじゃなくて一袋...

    記事を読む

  • 2016/12/22生活

    注意※この記事は「東京タラレバ娘」のネタバレを多少含みます。年末になって放送中のドラマが次々と最終回を迎えてますね( ;∀;)今季の視聴はわりと少ない方で、私が見ていたのは「砂の塔」「逃げるは恥だが役に立つ」「黒い十人の女」くらいでした。個人的に一番面白かったのは砂の塔!最後の最後までドキドキしながら見てました。ドラマって面白いですよね~。さてさて、来月の1月18日から日本テレビでスタートする水10ドラ...

    記事を読む

  • 2016/12/21パート

    経営者、つまり社長はとても孤独な職業だと思う。特に少人数経営の会社の社長にとっては。私は少人数のスタッフが働く医療関係の仕事で事務として働いています。一緒に働く先生は、先生であり立場的には社長でもあります。日々の業務ではなにか予期せぬトラブルが起きたり、おかしな患者さんが来てひと悶着起こされたり、地域的な問題に巻き込まれたりすることがあります。(地元密着という感じなので)そんななかでも決断を下すの...

    記事を読む

  • 2016/12/20生活

    クレジットカードの引き落としが65100円なのに、残高が65500円しかない・・・。私個人の口座なんですが、時折ピンチに見舞われます。ほかに何も引き落としがなければ残高400円で耐えることが出来るんですが、もしこちらの手違いでほかの引き落としが発生していたら完全にアウトになってしまいます。あーこりゃやばいな、私個人の定期預金を切り崩して補てんするしかないかな~と思っていました。すると夫が「3万円あ...

    記事を読む

私は閉鎖的なところでブログを書きたいんだと気付いた

a0027_001522.jpg

先日はじめたばかりのツイッターでしたが、2日と持たずに辞めることにしました。


フォローして頂いた方、一瞬で終わってしまいすみませんでした。


我ながら早すぎる切り替えにびっくりです…


なんで辞めることにしたかというと、ツイッターは交流ができるツールなのでブログの反応がもろに返ってくることが予想されるからでした。そしてそれに耐えられそうになかったからでした。


コメントには肯定的な反応も否定的な反応もあります。

そんなコメントに私自身が耐えられるかっていうと、無理だろうなと思いました。


どちらの反応がきても、疲れてしまうだろうなと。


そして、こんなブログ記事を書いたらどんな反応があるかと気にすると何も書けなくなりそうでした。


それならいっそのこと、交流せずに1人で閉鎖的なところで自由に書きたいことを書きたいと思った。


好きなことを書きたい&少しでもお金を貯めたいと思ってはじめたブログなのに、周りを気にして好きなことが書けないなんて、意味がない。


だから、ツイッターやめました!



さらにこのブログでは家計簿と貯金額を公開しているのもあって、ふとしたツイッターのつぶやきで身元がバレてしまう恐れもありました。


それも怖くて、何をつぶやけばいいのかわかりませんでした。


ようするに、このブログとツイッターは相性が悪いってことなのかな。


アクセスアップになればと思いましたが、それよりもブログで自由に書きたいことを書いて細く長く続けていくことを優先していこうと考えを変えました。


これからも楽しみながらブログを続けていきたいと思いますので、よろしくお願いします。
カテゴリ
タグ

芋屋金次郎の特選芋けんぴが美味しい~!もらって嬉しいお歳暮でした。


知人からお歳暮として「芋屋金次郎」の特選芋けんぴを頂きました~!(*'ω'*)

もう嬉しくてウキウキしちゃって、すぐ食べ始めちゃったよね!これらの写真は芋けんぴを食べたあとに撮影しました(*´▽`*)


包装紙はこんな感じです。
開けるとカンカンはこんな感じ。
よくお煎餅とかが入ってるカンカンですな。





芋けんぴって高知の人の好物なんだねー。知らなかった。

蓋を開けてみましょう、そうしましょう。



うおお!!小分けじゃなくて一袋にまとめて入ってる!!!

これ結構量あるぞ・・・!?



袋をあけてみましょう



わああああああ\(◎o◎)/芋けんぴがいっぱい!!!芋けんぴ祭り!!!
この画像だけ見るとマクドナルドと間違えそうな勢い!


箱いっぱいに芋けんぴが入っておりました。
かなりインパクトあります。
開けた瞬間にいい香りが辺りに広がります。
お腹がすく香りです。





箱から食べるとついつい食べ過ぎてしまうので、お皿にのせて少しずつ食べるのがよさそうです。
ひとつひとつの芋けんぴが長くて大きい!かなり食べ応えがありそうです。


肝心の味はサクサクで甘くて美味しいよ~(*´▽`*)どんどん食べたくなる味です。


芋屋金次郎の芋けんぴは芋と油と砂糖だけ。添加物や合成甘味料は使っていない無添加のお菓子なんだそうです。


芋けんぴになるお芋は前日か当日に掘った「コガネセンガン」というお芋しか使わないというこだわり。(時間が経つと糖化という現象が起きるらしい)


おいも一筋でお菓子を作り続けてきた専門店としてのこだわりが伺えます。



ふたり暮らしでこの量はなかなかパンチありますが、賞味期限はまだ先なのできっとなんとかなるでしょう!うん、たぶん大丈夫。食べ終わる頃には幸せ太りで体重が変わってたりしてね(;'∀')


芋屋金次郎の店舗は、高知県に2店舗・愛媛県に2店舗・香川県に1店舗・東京日本橋に1店舗あります。(2016年12月現在)


店舗数は少ないのでネットで注文すると便利だと思います(*'ω'*)
公式サイトにオンラインショップがあるので興味がある方はそちらからどうぞ!

公式サイト:芋屋金次郎オンラインショップ
カテゴリ
タグ

新水10ドラマ「東京タラレバ娘」の年齢&キャストについて。これってどうなの?

a0001_012494.jpg

注意※この記事は「東京タラレバ娘」のネタバレを多少含みます。




年末になって放送中のドラマが次々と最終回を迎えてますね( ;∀;)

今季の視聴はわりと少ない方で、私が見ていたのは「砂の塔」「逃げるは恥だが役に立つ」「黒い十人の女」くらいでした。
個人的に一番面白かったのは砂の塔!最後の最後までドキドキしながら見てました。ドラマって面白いですよね~。


さてさて、来月の1月18日から日本テレビでスタートする水10ドラマが「東京タラレバ娘」です。


これが今一番気になっているドラマなわけですが・・・!



キャストが発表されてからというものネットで賛否両論言われていますが(主に批判的な方が多い気がするけど)、私も思いました。


キャストが合わない!
そして設定がなんかヘン!



そもそも東京タラレバ娘というのは、東村アキコさんが書いた漫画であります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東京タラレバ娘(1) [ 東村アキコ ]
価格:463円(税込、送料無料) (2016/12/22時点)


ああだったら、こうしていたら・・・と自分に都合のいいことを言ったり考えるのがタラレバ。
「タラレバばかり言っていたらこんな歳になってしまった」というフレーズからこの話がはじまり、女子会ばっかりやっている独身女性3人組が恋愛・年齢の壁などの世知辛い現実にブチ当たりながらも幸せになれるように奮闘する・・・みたいな話です。


そんな漫画の実写化なんですが、原作ファンとしては首をかしげる設定になっていました。
そこ変えちゃダメじゃね?っていうところが変わってました。


まず年齢設定について。
原作ではこの女性達の年齢は33歳になっていますが、ドラマでは30歳になっています。


なぜ変えたし!!この微妙な年齢設定が大事なんでしょうが~!!(机をバンと叩きながら)


33歳だからこそ出せる絶妙な崖っぷち感というものを無視している感じですね。
ドラマ制作者達は原作をちゃんと読んでるんでしょうかと言いたくなってしまう。


33歳っていうと、私結婚できるのか本気で焦ってくる頃ではないかと思うんです。焦っている自分に気付いているけどあまり見ないようにして仕事を頑張っちゃうような年齢だと思うんです。


そんななかで年下イケメン君にもて遊ばれちゃったり、昔にお断りした男がいい感じに成長していたりと全体的にイタイ感じが読者にビンビン伝わってきて胸が痛くなる漫画なんですが、だがそこがいいんですよね。


だから33歳っていう設定は絶対に必要だったと思うよ。


これが30歳になると、受ける印象が全然違ってきちゃうんですよね。3歳の差は大きいよ。





KEYの言う「なぁ、一体何のために歳とってるんだあんたらは」っていうセリフとか、「30代は自分で立ち上がれ もう女の子じゃないんだよ?おたくら」とか、言われる側としては30歳と33歳では言葉の重みが全然違うんですよ。


30歳だったらまだ30代になりたてなんだから、そんなに深刻じゃないじゃんって思ってしまう。そこから3年経ってるっていうのがミソだと思うんだけどなぁ。


そんなんで「こんな歳(30歳)になってしまった」なんて使ったら視聴者は怒るで。
(特に30歳~33歳のあいだの女性は)



まぁ年齢の話はこのくらいにして、キャストについて。

これも・・・うーん。もうちょっと他にいなかったのかなというのが本音でした。
実力とかじゃなく年齢的な点でね。


鎌田 倫子 ・・・ 吉高由里子
山川 香  ・・・ 榮倉奈々
鳥居 小雪 ・・・ 大島優子


これがメインキャストの3人のようです(*'ω'*)


なんか・・・全体的に若いよね。みんなリアル年齢28歳だから仕方ないか。


内容が内容なだけに、もうちょっと年齢底上げしてキャストを選んでほしかったな~なんて、贅沢言わせてください。
小雪はもっとクールな印象だけど、大島優子さんには頑張って演じてもらいたいものです。


でもこんなキラキラ女子たちを起用するとますます内容の説得力がなくなる気がします。
せっかくドラマ化するのだから、そのへん徹底してやってほしいなと思ったところです。



…とまあ、さんざん文句たれましたがドラマはちゃんと見ますよ!!(*´▽`*)


これでも楽しみにしているのです。「逃げ恥」に続いてヒットしますように!!
カテゴリ
タグ

孤独な経営者のことを思うと協力せずにはいられない

a0003_001769.jpg
経営者、つまり社長はとても孤独な職業だと思う。
特に少人数経営の会社の社長にとっては。


私は少人数のスタッフが働く医療関係の仕事で事務として働いています。


一緒に働く先生は、先生であり立場的には社長でもあります。


日々の業務ではなにか予期せぬトラブルが起きたり、おかしな患者さんが来てひと悶着起こされたり、地域的な問題に巻き込まれたりすることがあります。(地元密着という感じなので)


そんななかでも決断を下すのは経営者であり、日々様々な決断を下していかなければいけません。しかも全て一人で。


家族経営という形ではないため、たよりになるのは周りのスタッフです。


会社を潰すも生かすも社長の決断しだいというところを周りで見ていてひしひしと感じます。


幸い先生は1人で抱え込むタイプではないので、協力を得ながら困難を避けてこれています。
問題が起これば周りのスタッフとよく相談して「どうするのがベストか」という話し合いをします。


少人数なので私の意見も聞いてくれることが多く、意見をすると「よく思いついてくれたね!」と褒めてくれます。


私にはそんな反応が有難く感じて、私もなんとか会社を守るために頑張ろうと思うわけです。
(別に経営が危ないとかではないです)


こんな感情は今まで持ったことがなかったので、自分でも驚いています。



ここで働く前は職員がたくさんいる会社・全国各地に支社がある会社で働いていたので、自分1人が怠けたって何も変わらないと思っていました。


当時は職場のストレスが溜まりすぎていて、なんなら今すぐこの会社が潰れたってかまわない、むしろ明日潰れろ!と思っていたくらいでしたからこの違いは歴然です。



先生1人にいろいろな責任と不安がのしかかっていると思われるので、そんな不安を一つでも解消できるように協力できたらと今日もあらためて思いました。


そして先生のように周りの協力を多く得られるというのも才能の1つだなと感心したところです。


本業以外のことは少し頼りないけど出来ないことは出来ないとハッキリ言えて、教えてほしい・助けてもらえないかなということを素直に言ってまわりに助けを求められるのも才能だと思う。


社長・先生になることで鼻高々になってプライドまで高くなって偉ぶる人も多いけど、そういう人は周りの協力を得られない。


そんな偉ぶってる人達を今まで見てきたので、先生に会ったときはこんな人もいるのかと最初は珍しい感じで見ていました。


私も困ったときには素直に周りに頼れる人になりたいなと思ったよ。
明日も頑張ろう。
カテゴリ
タグ

夫に3万円をもらって事なきを得る

a0001_011518.jpg
クレジットカードの引き落としが65100円なのに、残高が65500円しかない・・・。


私個人の口座なんですが、時折ピンチに見舞われます。

ほかに何も引き落としがなければ残高400円で耐えることが出来るんですが、もしこちらの手違いでほかの引き落としが発生していたら完全にアウトになってしまいます。


あーこりゃやばいな、私個人の定期預金を切り崩して補てんするしかないかな~と思っていました。


すると夫が「3万円あげるから、これで補てんしなよ」と言ってくれました(*'ω'*)


夫のお小遣いの一部である3万円をすぐに出してくれて、さきほど入金して引き落としに備えることが出来たのです。


たすかった~!!!


まずどうしてそんなに引き落とし額が高かったのかっていうと、失敗した回の人工授精費用プラスゴナールエフ3本分の費用がかさんだからなんです。


結局失敗して何も得ていないのにお金は出ていくっていうのは、なんだかな~!


カード支払いにしたから後から請求がくるのが地味にキツイところであります。


今回は乗り切れてよかった。


しばらく通院はお休みするので、私個人の支出は穏やかになりそうです。


それでも私のお財布事情はギリギリの綱渡り状態・・・。


月末になればパート代が入るから、それまで耐えてくれ~私の残高!
カテゴリ
タグ
Copyright © まろの生活ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます