2015年10月の記事一覧

日々の生活のことを書き綴ります

月別アーカイブ:2015年10月

  • 2015/10/30パート

    新しい短期パートをはじめて一ヶ月が過ぎました。最初は何もわからずただただ「難しい・・・」と思っていた仕事ですが、一ヶ月経つと仕事のこともなんとなくわかってきて慣れてきたように感じます。慣れれば同じことの繰り返しでした。覚えることもそんなになかったかな。久々の事務パート、今では楽しく過ごさせてもらっています。短期パートのいいところは人間関係をさほど気にしなくていいところと、スタートがみんな一緒なので...

    記事を読む

  • 2015/10/28節約

    お金を貯めるには、何にいくら使っているのか把握することからはじめよう!・・・と良く言われていますね(*'ω'*)家計簿をつけようという意気込みはあるものの、なかなか続かなかった・・・という経験はありませんか?でもこれからは大丈夫!超おおざっぱ主婦の私が続けられる家計簿の書き方を伝授いたします。これは私が現在使っている手書きの家計簿です。手作りとか面倒くさいので市販の家計簿を使います。本屋で買いました。家...

    記事を読む

  • 2015/10/24節約

    「温泉行かない?」旅行好きの友人からメールが来ました。その友人とは今まで何度も温泉旅行に行っており、毎回楽しい旅行ライフを送っていたのです。私も温泉に行きたい気持ちはありました。しかし温泉といっても形はさまざま。地元のスパ施設なのか日帰り温泉なのかはたまた遠方の温泉なのかによって、かかる費用は大きく変わります。高い交通費や宿代がかかる旅行はいまは正直勘弁してほしかった!なぜかというと、お金がないか...

    記事を読む

  • 2015/10/23断捨離

    昨日、この本を読み終わりました。やましたひでこさん著書「断捨離で日々是ごきげんに生きる知恵」という本です。この本には断捨離とは何か!なぜ断捨離をすると人生が動き出すのか?という内容が書かれています。やり方のハウトゥー本ではないのでご注意を。断捨離によって得られる効果とは、物を手放すことで「時間軸を今に戻す」ことと「自分軸」を手に入れること。これには目からウロコでした!なるほどーと思いましたね。モノ...

    記事を読む

  • 2015/10/21節約

    会うたびにいつも元気で明るい人っていますよね。笑顔がまぶしいあの人のことです(誰)私は朝が苦手で出勤時間帯は頭がボーっとしてブスっとした顔であることが多いので、そういう元気な人たちに会うともろに影響を受けます。バイトで一緒に働いていた20代前半の女の子は毎日とっても元気で、朝会っただけで目が覚めそうな挨拶をしてれくる子でした。明石家さんまの女版みたいな子でしたが、私はその子に元気をもらって日中機嫌...

    記事を読む

新しいパートの近況報告

a1640_000219.jpg
新しい短期パートをはじめて一ヶ月が過ぎました。

最初は何もわからずただただ「難しい・・・」と思っていた仕事ですが、一ヶ月経つと仕事のこともなんとなくわかってきて慣れてきたように感じます。
慣れれば同じことの繰り返しでした。覚えることもそんなになかったかな。
久々の事務パート、今では楽しく過ごさせてもらっています。

短期パートのいいところは人間関係をさほど気にしなくていいところと、スタートがみんな一緒なので仲良くなりやすいところですね!(*'ω'*)

» 記事の続きを読む

カテゴリ
タグ

手書き家計簿を公開。ズボラ主婦でも続けられる書き方。

お金を貯めるには、何にいくら使っているのか把握することからはじめよう!
・・・と良く言われていますね(*'ω'*)

家計簿をつけようという意気込みはあるものの、なかなか続かなかった・・・という経験はありませんか?

でもこれからは大丈夫!
超おおざっぱ主婦の私が続けられる家計簿の書き方を伝授いたします。

これは私が現在使っている手書きの家計簿です。
手作りとか面倒くさいので市販の家計簿を使います。
本屋で買いました。



家計簿は完璧を目指そうとすると絶対に続きません。
私の経験上、最初からはりきりすぎてたくさんの項目を書こうとすると途中でダレます。

そこで試行錯誤しながら、私はズボラでも長続きする家計簿の書き方にたどり着きました。

» 記事の続きを読む

カテゴリ
タグ

友人からの旅行の誘いを断りました。だってお金がないから。

「温泉行かない?」

旅行好きの友人からメールが来ました。

その友人とは今まで何度も温泉旅行に行っており、毎回楽しい旅行ライフを送っていたのです。
私も温泉に行きたい気持ちはありました。


しかし温泉といっても形はさまざま。
地元のスパ施設なのか日帰り温泉なのかはたまた遠方の温泉なのかによって、かかる費用は大きく変わります。

高い交通費や宿代がかかる旅行はいまは正直勘弁してほしかった!

なぜかというと、お金がないから!

友人がどんな温泉旅行を求めているのか探るため、「どこの温泉に行きたいの?」と尋ねてみることに。

その回答によっては行けない場合もあるなと思っていました。

すると友人の答えは
「下呂温泉に行きたいんだ!」とのこと。

下呂温泉か…岐阜県だよな、遠いな…。

交通費かかるだろ、温泉宿に泊まるだろ(しかも割といいお値段の宿)



うん、無理☆




だって今の私の口座残高7万円ですよ。

今月末に3万9千円のカード引き落とし(定期代)と1万の年金保険代の引き落としが待っている。
あ、スマホ代もある。

パート代が入るのは来月の終わりなので、それまでは首の皮1枚のカツカツ生活を送ることを余儀なくされています。

そんななかで急なお誘いの旅行代を捻出する余裕はなかった…。


「いま金欠だからすぐには無理。お金貯めて来年行こうよ」


「お金がない」それを理由にして友人からの誘いを断りました。
いや、延期してもらうことにしました。

親しい友人だからこそ、嘘はつきたくなかったのです。



友人「私は年内に行きたいんだけど、どうかな?どうしても無理かな?」



友人もすぐには諦めません。
いや、無理って言ったじゃん。

今までそんな断り方をしたことがなかったので、お金がないことを理由にしたのが引っかかったのかもしれません。

そこで私は腹を括って、いかに今お金がないのかを友人に説明することにしました。

カードの支払いも出来るかわかんないんだよ…と、身もフタもなくあけっぴろげに送ってしまいました。

そこで友人が何を思ったのかはわかりません。

せっかく誘ったのに金銭面を理由に断られるのは、ちょっと寂しい気持ちになるだろうなとは私も思うのです。


でも、無い袖は振れない。


急に決まった旅行のために、今まで着々と貯めてきた定期預金を崩す気にはなれませんでした。



え?


お金あるじゃんって?


はい。私名義の定期預金はある程度あります。


でも定期を崩してまで旅費を用意するのも何か違うなと思うのです。


わかりますか、この感じ。


無理やり旅費を工面しても、心から楽しむことが出来なくなりそうだったのもあります。

友人にはわかってくれと願うばかりです。

しばし厳しい状況が続くと思われますが、それでも定期預金は守る。

これが、ある意味自分勝手で正直者の自分の選択でした。

家計管理・貯蓄ランキング
カテゴリ
タグ

断捨離本で新たな発見。「今」の「自分」が大切なんだ!


昨日、この本を読み終わりました。
やましたひでこさん著書「断捨離で日々是ごきげんに生きる知恵」という本です。

この本には断捨離とは何か!なぜ断捨離をすると人生が動き出すのか?という内容が書かれています。
やり方のハウトゥー本ではないのでご注意を。

断捨離によって得られる効果とは、物を手放すことで「時間軸を今に戻す」ことと「自分軸」を手に入れること。
これには目からウロコでした!なるほどーと思いましたね。

モノを断捨離していく作業は「今」の「自分」に必要なものかどうかを迫られる作業。
捨てるのは辛さが伴うけど、それを続けていくうちに未来でも過去でもない「今」と誰でもない「自分」に焦点が合ってきて、自分の好きなものごとがハッキリしてくる感じはなんとなく私にもわかります。

他人の受け売りじゃなくて、自分の感性が大事なんですね。

思えば私の実家は「過去のモノ」が多すぎて、身動きがとれないような状態のお部屋でした。
決して汚いとか、モノが異常に多すぎるとかではないんです。
つまりはモノが古いんです。

例えば、私の部屋にある学習机がいい例です。
小学校1年生の時に買ってもらった以来、ずっとそこに置かれ続けています。
結局は買っただけでリビングで勉強していたのであまり出番はありませんでした。

学習机は買ってもらって嬉しかった記憶があるし、両親にとっても小学校入学祝いで買ったものだからとなかなか手放せないでいる様子です。
状態は悪くないので、このままいけば今後私に子どもが出来たら使え回せそうな気もします。(それでいいのか?)

大人になってからも変わらずその部屋で過ごすようになって(って言っても寝るだけだけど)、小学生の頃からのモノが置かれている状況は正直違和感がありました。
でも両親に買ってもらったモノだし、大きな家具を捨てるのは勿体ない。
捨てたら両親が悲しむだろうな。
そんな思いがかれこれ20年ほど放置されることになる学習机を生み出してしまったように思います。

子どものころに描いた絵や作品がリビングに飾ってあったりするのもそうでした。
額に入れて大切に飾ってくれているのはとても嬉しいんですが、「子どもであることを強いられている感じ」がするんです。

「正直もう必要ない」「いらない」と思いながらも置かれていた机、これは今思えば「親離れ出来ていない自分の象徴」のようなモノだったと感じます。
大人になっても親が決めたモノに囲まれて、学習机ひとつ捨てられないワタシ。
そんな感情を持ちながら、なかなか自分に自信を持つことができなかったのです。

「これでいいんだ」「このままでいいんだ」と言い聞かせて過ごしてきた半分大人・半分子どもの時期は、仕事も私生活もなんだか自信が持てなくて泥沼にはまっていた時期でした。

今は結婚して住まいも変わったので、そこまで親の感性に引っ張られるようなことはありません。
たまに今でも「着物を引き取ってほしいから和ダンス買え」とか言われますが。

誰の感性でもない、自分の気持ちを取り戻すために「捨てる」という選択は効果的なんだとこの本を読んで学びました。

とても読みやすくて、私は2日で読んじゃいました。
おすすめの本です。

家計管理・貯蓄ランキング
カテゴリ
タグ

【衝動買い予防】今日はなんだか機嫌がいい!という日を増やそうよ

a0002_009261.jpg
会うたびにいつも元気で明るい人っていますよね。
笑顔がまぶしいあの人のことです(誰)

私は朝が苦手で出勤時間帯は頭がボーっとしてブスっとした顔であることが多いので、そういう元気な人たちに会うともろに影響を受けます

バイトで一緒に働いていた20代前半の女の子は毎日とっても元気で、朝会っただけで目が覚めそうな挨拶をしてれくる子でした。

明石家さんまの女版みたいな子でしたが、私はその子に元気をもらって日中機嫌よく過ごすことが出来ていました。
眉間のシワも伸びました。
一緒に働く人の存在ってとても大切です。自分も周りにいい影響を与えられる人になりたい。


機嫌よく過ごす。


最近これ重要なキーワードなんじゃないかって思って過ごしてます。
なんでかってストレスによる衝動買いの予防になるんじゃないかと!!

何かを異常に買いすぎてしまう衝動買いをする時は「ストレスが溜まっているとき」「疲れているとき」「人間関係がうまくいかないとき」「とにかくどこかに逃げたいとき」「追い詰められているとき」「悲しいとき」というどれかに当てはまっていると思うんです。

自分の場合はストレスが溜まるとスナック菓子をたくさん買ってドカ食いしてしまう傾向にあります。
スナック菓子だけで1000円分くらい買います。
会社員時代にストレスがピークだった時は両手にコンビニの袋を下げて、スナック菓子を食べながら家路を歩いてました。
食べていれば何も考えなくてすむので、ひたすら食に走っていましたね。
お菓子の食べ歩きなんて、なんというOLらしからぬ行動でしょうか。あぁ黒歴史。週1くらいでやってたよ・・・。


経験ある人もいるでしょうが、お菓子のドカ買いは買う時は爽快だけど食べ終わったあとの罪悪感がハンパないんですよね。栄養偏ってるしニキビできるし、なんていっても無駄遣いだし・・・。


そんな失敗を回避するために、今日は気分が落ち込みそう・イライラしそうという日は前もって漢方を飲んでおくようにしています。
例えば生理前のPMSの時とか有効です。

私が飲んでいる漢方はイスクラの「逍遥丸」という漢方。
イライラしている時や無性に悲しくなった時に飲むと、スーッと気分が落ち着きますよ(*'ω'*)

今日はなんだか機嫌がいい!

そんな日を増やすにはどうしたらいいのか、それぞれやり方は違うはずなので一度考えてみるのはいかがでしょうか☆

家計管理・貯蓄ランキング
カテゴリ
タグ
Copyright © まろの生活ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます