言いたい放題のカテゴリ記事一覧

日々の生活のことを書き綴ります

カテゴリ:言いたい放題

  • 2018/06/07言いたい放題

    買いたいものを我慢できず趣味のアイドル追っかけにお金を使いまくりスポーツクラブは月々会費だけ払って幽霊会員エステ・ネイル三昧の友人その結果、口グセは「お金がない」そんな友人が「仕事を辞めようと思う」と言い出しました理由は「やりがいが感じられなくて毎日がつまらないから」というものこれからは夫に養ってもらおうと思ってる!と言うのですがそれを相談されて私が答えたことは「もったいないから仕事続けたほうがい...

    記事を読む

  • 2018/06/06言いたい放題

    私は実家が庭付き一戸建てだったせいか、これが普通の生活と思って暮らしていましたそのせいか子どもの頃からの夢は「広い庭がある一戸建て」に住むことでしたそこで暮らし、犬を飼い、近所を散歩させたりしたいなと夢見ていたのですそう考えていたのは地域的な原因もあって実家から少し離れたところに高級住宅街があったので車でそこを通るたびに憧れのようなものを抱いていたのでした高級住宅街では綺麗に区画された街並みに、そ...

    記事を読む

  • 2018/06/04言いたい放題

    イエーイ!新入社員のみなさん(*´▽`*)今日も元気にお局にいびられてますかー!?日本中からハーイ!という声が聞こえてきそうですが今日は私が遭遇した、会社でのお局様の特徴を書いていこうと思いますお局と一言に言ってもいろいろあって・仕事が出来て、頼りになる姉御タイプ・仕事は出来るけど、性格が悪すぎるタイプ・仕事をせずに後輩いびりに精を出す最悪タイプといろいろタイプがあります私が出会ってきたのは「仕事はそこ...

    記事を読む

  • 2018/06/01言いたい放題

    同じころに出産した友人が4月から職場復帰しましたこれからは平日に気軽に遊べなくなるのでちょっと寂しいもともと友人は職場復帰する予定で育休中だったので、4月以降に忙しくなることはわかっていましたでもなんだか友人が一歩一歩とさきに進んでいるような気がして私は置いて行かれたような気分がちょっとしてしまってなんだか自分の中でモヤモヤするのです帰る仕事場があることが羨ましいなと思います私が直近で働いていたパ...

    記事を読む

  • 2018/05/24言いたい放題

    こうなることは予感していたけど、今回も土壇場でひっくり返されてしまった。あぁ、むなしい。実は最近、ボランティアで地元の人達とある地域プロジェクトに参加していたのですが今までコツコツと進めていた企画が、最終段階で出てきた偉い年配者の一言ですべてひっくり返されてしまいました。例えるなら、数人で料理をしていっぱいおかずを作って「さぁ食べようか」とワクワクしていた時に、急に現れたガンコ親父に「俺はこれが食...

    記事を読む

  • 2018/05/17言いたい放題

    私の周りには容姿が悪いわけでもないのに彼氏がいないとか結婚してないアラサー友達が結構いる。ちなみに皆結婚はしたいと言っている。その人たちは性格に問題があるわけでもなく、女友達にはいつも優しく・時に頼もしい感じで私としては好印象な人たちなのだ。顔も悪くないし、なんで恋愛に縁がないんだろう・・・と不思議だったのだがあくまで私の周りの数人の話だけど、その人たちにある共通点があることを見つけた。...

    記事を読む

  • 2017/09/11言いたい放題

    ウチの夫はごく普通の会社員です。週休2日、残業は多め、通勤時間は50分くらいかな。前にもちょこっと書いたことがありますが、夫は基本的に家では仕事の話を一切しません。家にまで仕事を持ち込みたくないし、話してもメリットがないからわざと仕事の話題を避けてるんだそうです。私は仕事で嫌なことがあると家でもすぐ顔に出てしまうのと夫に愚痴を言ってしまうので、そんなことが一切ない夫はきっと何の問題もなく働いているん...

    記事を読む

  • 2017/08/16言いたい放題

    昔私がまだ学生の頃、実家で犬を飼っていました。その犬は外で飼っていて、普段は庭で遊ばせて夕方になると玄関に入れて休ませるという習慣でした。運動量が必要な犬だったのでよく庭を走りまわり、怪しい人が来ると吠えまくり、落ち着く場所が見つかるまで穴を掘るという一人遊びをよくしていたように思います。人懐っこくてふとした時に二カッと笑う可愛いワンちゃんでした。当時は私も姉も学生で、学校と部活が忙しくなかなか毎...

    記事を読む

  • 2017/07/19言いたい放題

    日々暮らしていると様々なセールスや勧誘に出会うことがあります。その時アナタはどんな対応をしていますか?最初の対応を間違えるとどんどんやっかいな方向に進んでしまうので要注意だなと反省した出来事がありました。先日、とある食材宅配業者が飛び込みで営業にやってきたんです。ピンポーンとやってきたのは30代の営業のお兄ちゃん。(私と同い年くらい)我が家はすでにおうちコープを頼んでいるので、断ろうとしたのです。...

    記事を読む

  • 2017/06/28言いたい放題

    先日1年ぶりくらいにアルバイト時代の友達に会いました。飲食店で一緒に汗水たらして働いた女性の友達です。バイトを卒業して社会人になってからも一緒にカラオケに行ったり、飲みに行ったりとちょこちょこと付き合いがありました。彼女は年下だけどバイトでは同期なので、お互いにタメ口で気兼ねなく話せるような間柄。お互いの家に30分以内で行くことが出来て、近場で会いやすい友達だったのです。そんな彼女から久しぶりにL...

    記事を読む

浪費家の友達が仕事を辞めたいと言い出した。なんて◯◯な悩み・・・

買いたいものを我慢できず

趣味のアイドル追っかけにお金を使いまくり

スポーツクラブは月々会費だけ払って幽霊会員

エステ・ネイル三昧の友人

その結果、口グセは「お金がない」


そんな友人が「仕事を辞めようと思う」と言い出しました

理由は「やりがいが感じられなくて毎日がつまらないから」というもの



これからは夫に養ってもらおうと思ってる!と言うのですが


それを相談されて私が答えたことは

「もったいないから仕事続けたほうがいいんじゃない?」

というありきたりなものでした

» 記事の続きを読む

カテゴリ
タグ

子どもの頃は庭付き一戸建てに住むのが夢だった。現実は・・・

私は実家が庭付き一戸建てだったせいか、これが普通の生活と思って暮らしていました

そのせいか子どもの頃からの夢は「広い庭がある一戸建て」に住むことでした

そこで暮らし、犬を飼い、近所を散歩させたりしたいなと夢見ていたのです


そう考えていたのは地域的な原因もあって

実家から少し離れたところに高級住宅街があったので

車でそこを通るたびに憧れのようなものを抱いていたのでした



高級住宅街では綺麗に区画された街並みに、それぞれ個性を出して作られた一軒家がずらっと並んでいます

近くにはお洒落なレストランやお店もあったりして、まさに幸せを絵に描いたような生活なんだろうなと良く思ったものです


「私が大人になったらこの街に家を買って住むの!」


よく言っていた言葉です


さて、実際に大人になったらどんな家に住んでいるかというと・・・

» 記事の続きを読む

私が出会った「お局」あるある書いてみたよ!今年の新入社員は大丈夫?

イエーイ!新入社員のみなさん(*´▽`*)
今日も元気にお局にいびられてますかー!?


日本中からハーイ!という声が聞こえてきそうですが

今日は私が遭遇した、会社でのお局様の特徴を書いていこうと思います



お局と一言に言ってもいろいろあって

・仕事が出来て、頼りになる姉御タイプ
・仕事は出来るけど、性格が悪すぎるタイプ
・仕事をせずに後輩いびりに精を出す最悪タイプ

といろいろタイプがあります


私が出会ってきたのは

「仕事はそこそこ出来るけど、性格が悪すぎるタイプ」が多かったように思います


仕事をせずにっていうのはもう論外で、上からの評価や査定があるのでそういう人はだんだん減っていっているような気がする

仕事の時間だけとはいえ毎日会う人だから

一緒に働くストレスは計り知れないですよね


今お局のせいで大変な思いをしている人も、そうでない人も

こんな人もいるよ!という話を読んで参考にしちゃいましょう


それでは「お局あるある」いきまーす!

» 記事の続きを読む

カテゴリ
タグ

職場復帰した友人に思うこと。ないものねだり

同じころに出産した友人が4月から職場復帰しました

これからは平日に気軽に遊べなくなるのでちょっと寂しい


もともと友人は職場復帰する予定で育休中だったので、4月以降に忙しくなることはわかっていました

でもなんだか友人が一歩一歩とさきに進んでいるような気がして

私は置いて行かれたような気分がちょっとしてしまって

なんだか自分の中でモヤモヤするのです



帰る仕事場があることが羨ましいなと思います


私が直近で働いていたパートは育休制度がなく、採用人数がめちゃくちゃ少ないので

席があくと次の人ですぐに埋まってしまい、戻ることができません


じゃあ正社員のときに退職しなきゃよかったじゃん!と思われそうですが(数年前の話)

辞めたい辞めたいで頭がいっぱいの時は先の事なんて考えられなかったですね

» 記事の続きを読む

カテゴリ
タグ

思い通りにならない葛藤と私がブログを好きな理由


こうなることは予感していたけど、今回も土壇場でひっくり返されてしまった。

あぁ、むなしい。


実は最近、ボランティアで地元の人達とある地域プロジェクトに参加していたのですが

今までコツコツと進めていた企画が、最終段階で出てきた偉い年配者の一言ですべてひっくり返されてしまいました


例えるなら、数人で料理をしていっぱいおかずを作って「さぁ食べようか」とワクワクしていた時に、

急に現れたガンコ親父に「俺はこれが食べたいんじゃない!!こんなもん食えるか!!」と言ってちゃぶ台をひっくり返された感じです。

もうね、泣きたくなるよね。

床に落ちた食べ物は自分で拾わないといけないし、(=協力してくれた人達に謝らないといけないし)、ガンコ親父はそれについてはノータッチなわけですよ。

周りの人も意見を言えないこの感じ、もう本当に嫌だ。

日大のアメフト元監督かよって感じ。

» 記事の続きを読む

カテゴリ
タグ

私の周りの独身女性は大体みんな男性に対して素直じゃないし可愛げがない


私の周りには容姿が悪いわけでもないのに彼氏がいないとか結婚してないアラサー友達が結構いる。

ちなみに皆結婚はしたいと言っている。

その人たちは性格に問題があるわけでもなく、女友達にはいつも優しく・時に頼もしい感じで私としては好印象な人たちなのだ。

顔も悪くないし、なんで恋愛に縁がないんだろう・・・と不思議だったのだが


あくまで私の周りの数人の話だけど、その人たちにある共通点があることを見つけた。

» 記事の続きを読む

カテゴリ
タグ

夫の「働きたくない」を聞くたびに胸がきゅっとなる


ウチの夫はごく普通の会社員です。

週休2日、残業は多め、通勤時間は50分くらいかな。


前にもちょこっと書いたことがありますが、夫は基本的に家では仕事の話を一切しません。

家にまで仕事を持ち込みたくないし、話してもメリットがないからわざと仕事の話題を避けてるんだそうです。


私は仕事で嫌なことがあると家でもすぐ顔に出てしまうのと夫に愚痴を言ってしまうので、そんなことが一切ない夫はきっと何の問題もなく働いているんだろうと私は勝手に思ってました。


でも意外とそうじゃないのかも。


ドラマ「ウチの夫は仕事が出来ない」の錦戸亮くんみたいに社内で揉まれてキツく当たられたりしているのかもしれない。
(私は錦戸亮くんはちゃんと仕事出来てると思ったけどね)


最近たまに夫が働きたくない~とか田舎に引っ越すか~と言うようになって、何かあったのかちょっと心配しています。


誰だって働きたくない気持ちはあると思う。

私だってフルで働いてた時はストレスが凄くて、毎日のように会社に隕石が落ちればいいのにと思ってたから。


私はいま専業主婦で妊娠中で働いてないので、収入はゼロ。微微たるネット収入だけが私のお小遣いとなっています。


生活費は全て夫頼りの一本柱。


夫だけに働かせて申し訳ないという気持ちがあり、働きたくないという言葉を聞くと胸がきゅっとなる気持ちになります。


あぁーごめんよ。私にも定期的な収入があればちょっとは気持ちが楽になるだろうに。
っていうか仕事で何かあった!?心配だなぁ。


という感じ。


自分も息を吐くように会社に行きたくないとか働きたくないとか言っていた過去があるので、そんなに深い意味や理由はないのかもしれないけど、妻としてはやっぱり気になる。


愚痴を言ってほしくないわけじゃなくて、むしろ溜め込むくらいなら愚痴ってガス抜きしてほしい。聞くことしかたぶん出来ないけど…


今はせめて夫が家で安らげるように私も気をつけて、快適に暮らせるように家事を頑張る!をやっていきたいと改めて思いました。
カテゴリ
タグ

家でご主人の帰りを待つ犬の気持ちがわかったような気がする

a0800_001188.jpg
昔私がまだ学生の頃、実家で犬を飼っていました。

その犬は外で飼っていて、普段は庭で遊ばせて夕方になると玄関に入れて休ませるという習慣でした。

運動量が必要な犬だったのでよく庭を走りまわり、怪しい人が来ると吠えまくり、落ち着く場所が見つかるまで穴を掘るという一人遊びをよくしていたように思います。

人懐っこくてふとした時に二カッと笑う可愛いワンちゃんでした。


当時は私も姉も学生で、学校と部活が忙しくなかなか毎日かまってあげることが出来ませんでした。たまに散歩に行ったり家に帰った後にちょろっとボール遊びする程度。


室内犬だったらもっと一緒にいる時間が増えたのかななんて思いますが、毛が長い種類の犬だったのでちょいと難しかったかも"(-""-)"

そんな毎日で1人でお留守番してもらうことが多かった我が家の愛犬でした。番犬として大活躍してくれました( ;∀;)


なんで急に昔飼っていた犬の事を思い出したのかというと、いま自分が1人でお留守番していることが多くなったからでした。

動きたいと思っても疲れやすくて動けない(動きたくない)、かといって予定もない。


話す相手といえば夫だけで、夫が帰宅するのが大体夜の9時~10時くらいなのでそれまではずっと一人でゴロゴロ( ;∀;)話し相手が欲しいから夫が帰ってくるとたわいもない話をするんですが、夫も仕事で疲れているので思ったような反応が返ってこないことが多い。


なんていうか、夫の帰りを待っていて構ってほしくて仕方ない自分と実家の犬が被っちゃったんですよね。


なんだか昨日の夜は無性に切ない気持ちになってしまった。
実家の犬も1人でお留守番してて寂しかっただろうな~なんて思って、部活で忙しかったとはいえもっと遊んであげたら良かった・もっとたくさん抱きしめてあげれば良かったと思いました。


夫をあまり困らせたくない気持ちと、もう少し構ってほしい気持ちがまぜこぜになっています( ;∀;)

ちょっとナーバスになっているこの頃なのでした。



カテゴリ
タグ

自分のお金は自分で守る

a0002_009305.jpg
日々暮らしていると様々なセールスや勧誘に出会うことがあります。

その時アナタはどんな対応をしていますか?最初の対応を間違えるとどんどんやっかいな方向に進んでしまうので要注意だなと反省した出来事がありました。


先日、とある食材宅配業者が飛び込みで営業にやってきたんです。
ピンポーンとやってきたのは30代の営業のお兄ちゃん。(私と同い年くらい)

我が家はすでにおうちコープを頼んでいるので、断ろうとしたのです。
「もう他社にお願いしているので・・・」と扉を閉めようとしたのですが、お兄ちゃんが粘る粘る!「ウチも送料はかからないから、まずは両方試して比べてみてくれませんか!?牛乳一本でもOKですから!」とグイグイ押してきます。

実は食材の宅配サービスを頼む際に、おうちコープと比較してその業者のことも検討したことがあったのです。ある程度有名なところだし。


その時は値段がおうちコープよりも高いなと感じたので結局辞めたのでした。そのことを伝えてもお兄ちゃんは引き下がらず、(言われ慣れているんでしょうね)品質が良いとか冊子の内容がいいとかをブワーっと喋りまくる(;'∀')まぁ~よく喋るわ。


そんな話を聞いていると一度は比較したことがあったけれど、ちゃんと細かいところまでその食材宅配業者のことを聞いたことはなかったなと思い、ついついお兄ちゃんの話を聞いてしまいました。お兄ちゃんはとっても話上手で、自分の家族の話などを織り交ぜてきてフレンドリー感満載でまくしたててきます。


「○○の時って困りますよね」 → 「そうですねぇ」 → 「そんな時にはこれ!」みたいな営業トークにまんまと頷いてしまう私。はぁ~だめですなぁ。

結局食品サンプルまで頂いてしまって、その時は「また来週来ますね~」といってお兄ちゃんは去っていきました。


もらったカタログを見ながら、おうちコープと比較検討してみる。うう・・・やっぱりこっち(勧誘された方)の方が値段が高い。
そしてカタログを見ながら2冊の業者を読み比べて両方買うなんて無理だという結論が出ました。

おうちコープのカタログだけでも読みごたえがあるのに、これが2倍なんて考えられない!


やっぱり無理だ。嫌だ。断ろう(;'∀')



そして来週になり、お兄ちゃんが再びやってきました。
最終的な私の断り文句はこれです。


「夫に反対されたのでとることは出来ません」


夫を前面に押し出して、「お金を払うのは夫だから」「私に決定権はないんです」と続けて、極めつけは「これ以上夫に怒られたくないんです・・・だから無理です(伏し目がちで悲壮な雰囲気を出すのがポイント)」これでお兄ちゃんも納得してくれました。いや、納得してくれたっていう言い方もおかしな話だけどね。(念のため、夫は優しいいいヤツです)


フレンドリーな相手であればあるほど、これ以上勧めたら申し訳ないなと思ってくれる。(ような気がする)

お兄ちゃんも「それなら仕方がないですね~僕もこれ以上は勧誘できません」と言って爽やかに帰っていきました。


最初に話を聞いてしまったのがマズかったなと、反省。
初回に話を聞かなければこんな面倒くさいことにはならなかったのに・・・!虐げられている妻を役者のごとく演じることもなかったのに。もう一度言いますが夫婦仲は良いですよ!( ;∀;)


お兄ちゃんが来るまでに「なんて言って断ろうか」とか考えてちょっと憂鬱に感じたりして、自分で面倒な機会を作ってしまったなと思います。


不要だと思ったセールスの話は一言も聞かないようにする。扉はすぐ閉める(うちはインターホン通話が出来ないので扉ごしで話すようにしている)のを気をつけないとなと思いました。自分のお金は自分で守らないとな( ;∀;)今回のことはいい勉強になりました。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

もっと !! 番犬ガオガオ
価格:2380円(税込、送料無料) (2017/7/19時点)


うちにも番犬が欲しいぜちくしょうー
カテゴリ
タグ

久しぶりに会った友達から保険の勧誘をされた。なんだかショックでした

先日1年ぶりくらいにアルバイト時代の友達に会いました。
飲食店で一緒に汗水たらして働いた女性の友達です。

バイトを卒業して社会人になってからも一緒にカラオケに行ったり、飲みに行ったりとちょこちょこと付き合いがありました。

彼女は年下だけどバイトでは同期なので、お互いにタメ口で気兼ねなく話せるような間柄。お互いの家に30分以内で行くことが出来て、近場で会いやすい友達だったのです。


そんな彼女から久しぶりにLINEが来まして、「今度一緒にランチしない?」とのこと。おぉ、久しぶりだなー。私もこのところバタバタしていて以前の友人達とはなかなか連絡が取れずにいました。


もともと職場をすぐ変えてしまうのが彼女の特徴でもあるのですが、今回もまた転職したとの話がありました。またかよと思いつつ、その辺の近況も聞きたかったので「いいよー」と返事をして日程を決めることに。


転職したばかりということで平日に有休を取るのは厳しいだろうなと予想していたのですが、思いがけず向こうが指定してきたのは平日のランチタイム。「あれ、平日休みの会社?」と思って聞いてみるもそうではないとのこと。どういうことなの・・・?

私は「時間に制約があると楽しめないから、お互い仕事が休みの日にしようよ」と提案したものの、彼女は平日推しで話を進めてくる。んー、なんだろうこの違和感。


彼女「会社にはお客さんにアポとったって言えば日中は自由だから何時まででも平気!」


ん?アポ?私とのランチタイムは会社に報告されるのか。いやいや、何故に!?
っていうか自由だなその会社!


数々のハテナを残しながら、彼女は頑なに自分の業種を言うことなく当日がやってきました。

» 記事の続きを読む

カテゴリ
タグ
Copyright © まろの生活ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます