a1180_016581.jpg
今日は燃えないゴミの日だったんですが、私がダラダラしていたせいで捨て忘れてしまいました。

実際には捨てに行ったんだけどすでに回収された後で、綺麗さっぱりゴミがなくなっていたんですよ( ;∀;)回収屋さんの仕事の早さにがっくりです・・・。

ゴミはそのまま捨てるわけにもいかず、いったん家に持ち帰ることにしました。また来週出そう・・・トホホ。こういう時にいつでもゴミ出し出来るタイプのマンション暮らしの人が羨ましくなりますね。

生ごみや燃えるゴミを出し忘れた時ほどのガッカリ感はないけど、出せるはずのゴミを出せなかったっていうのはなんか悔しい。うんわかってる、自分がダラダラしてたのが悪いんだけどさー!そのゴミが視界に入ると「はぁ~出し損ねた」って思ってしまうわ。



さて話は少し変わって、最近多くないですか?「ゴミ屋敷バスターズ」みたいなゴミ屋敷を片づけるっていう番組。一般人から芸能人まで部屋が汚い人を特集して、プロの力を借りて一気に片づけちゃいましょう!みたいな番組です。

1週間で2回くらい汚部屋対策の番組が放送されてるのを見て、悩んでる人多いのかなぁなんて思ってしまいました。

そんな番組がやっていると私はついつい見てしまいます。結構好きなんですよね、あの手の番組。夫も巻き込んで一緒に見ます。


なんで好きなんだろうって考えて、思いついたのは以下の4つでした。

・自分の周りにない非日常を安全な場所から見ていられる、怖いもの見たさ
・超汚い!ありえない!と言いたい放題できる
・片付いた後のスカッとする感覚が得られる
・掃除のモチベーションが上がる


番組によっては本当に見せられない汚い場面はモザイクかけてくれるし、お茶の間に多少は配慮してくれるので安心して見ていられるんですよね。汚部屋の主がインタビューを受けている後ろでGが壁を這っている場面はさすがに戦慄でしたが・・・。

それでもプロの力ってやっぱり凄い!次々とゴミを捨てていって床が見えるようになって、最終的には部屋がガラーンとしちゃうんだもの。テレビに出てくるような凄まじい汚部屋は自分の力ではどうしようもなく本人の力は無力だなと感じずにはいられませんでした。


私は実際にあのレベルの汚部屋に訪問したことはなく、自分の部屋もわりと綺麗だと思ってます。以前そこそこの汚部屋に訪問したことはありますが・・・

関連記事:シンプルに暮らそうと決意した日


汚部屋がガラッと変わって綺麗な部屋になるのを見ると、自分は何もしていないのに「やってやったぜ!」みたいな気分になるのが不思議。これが汚部屋番組を見る最大の理由になっている気がします。

そしてその番組を見たあとに自分の部屋を見渡して、あれに比べればこんな部屋なんて片づけるのチョロいぜ!とばかりに掃除をはじめて、夜にも関わらず大掛かりでより一層シンプルライフを目指したような片づけ方をしてしまいます(;'∀')でも掃除のモチベーションが上がるのはありがたい。


掃除を扱った番組ではないんですが、以前ダイエット番組でも「まずはこの汚い家をどうにかしましょう!」と急に汚部屋番組ばりに捨て始めた企画がありました。物が多いっていうのは自己管理できていないっていうことで体重も増えやすいんだとか。食べ物がすぐ手に取れる場所に置いてあるともうダメ。まずは環境から変えましょうと専門家から言われていました。

ダイエットも健康も(あるいは運勢も)、住む環境によって変わってくるんだなとつくづく思いました。


私の住居は外観はあまり綺麗とは言えないボロアパートだけど、同じ場所に住むなら少しでも綺麗に保ちたいなと思います。それが家族の健康とメンタルヘルスのためだと信じて。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人生がときめく片づけの魔法 [ 近藤麻理恵 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/7/14時点)


本屋で「片づけ」とキーワード検索するとザクザク本が出てくるけれど、私はやっぱりこんまりさんが一番だと思ってる。この本も掃除のモチベーションを与えてくれると思います。読むと自分に不必要な物をいろいろ捨てたくなりますよ(*'ω'*)

本当に必要な物ってなんだろうと考えさせられますね。

スポンサーリンク

カテゴリ
タグ