先日1年ぶりくらいにアルバイト時代の友達に会いました。
飲食店で一緒に汗水たらして働いた女性の友達です。

バイトを卒業して社会人になってからも一緒にカラオケに行ったり、飲みに行ったりとちょこちょこと付き合いがありました。

彼女は年下だけどバイトでは同期なので、お互いにタメ口で気兼ねなく話せるような間柄。お互いの家に30分以内で行くことが出来て、近場で会いやすい友達だったのです。


そんな彼女から久しぶりにLINEが来まして、「今度一緒にランチしない?」とのこと。おぉ、久しぶりだなー。私もこのところバタバタしていて以前の友人達とはなかなか連絡が取れずにいました。


もともと職場をすぐ変えてしまうのが彼女の特徴でもあるのですが、今回もまた転職したとの話がありました。またかよと思いつつ、その辺の近況も聞きたかったので「いいよー」と返事をして日程を決めることに。


転職したばかりということで平日に有休を取るのは厳しいだろうなと予想していたのですが、思いがけず向こうが指定してきたのは平日のランチタイム。「あれ、平日休みの会社?」と思って聞いてみるもそうではないとのこと。どういうことなの・・・?

私は「時間に制約があると楽しめないから、お互い仕事が休みの日にしようよ」と提案したものの、彼女は平日推しで話を進めてくる。んー、なんだろうこの違和感。


彼女「会社にはお客さんにアポとったって言えば日中は自由だから何時まででも平気!」


ん?アポ?私とのランチタイムは会社に報告されるのか。いやいや、何故に!?
っていうか自由だなその会社!


数々のハテナを残しながら、彼女は頑なに自分の業種を言うことなく当日がやってきました。


集合場所はミラノ風ドリアが美味しい某ファミレス、私はペペロンチーノとドリンクバーを頼む。
彼女は特にオフィススタイルでもない普段の私服であらわれて、肉系のメニューとドリンクバーを注文してた。

a0150_000135.jpg

仕事で使っているであろう鞄にはいろいろな資料が入っていて、紙の束がチラチラと見える。


久しぶりの再会で近況を聞きたかったので、LINEで報告があった「転職」の話をしてみる。
私「そういえばまた転職したんだって?」


彼女「そうなんだよ~!実は私、4月から保険会社に入ってさ、いま営業やってるの!これでも正社員なんだよ~」


お、おお・・・・なんとなく予感はしてたけど、やっぱり保険会社でしたか。生保レディというやつですね。


そうして彼女はよくぞ聞いてくれたと言わんばかりに、「今日はね、あなた用の保険プランをいくつか作ってきたから目を通してもらいたいの」と資料をバサバサと取り出して私の前に突き付けてくるではないか。


あれ、今日は旧友と楽しくランチタイムを過ごすはずではなかったのか・・・。いつの間にかファミレスが保険セールス会場に早変わりしておりました。


いつもはファミレスやカフェでセールスを受けている人を横目でみて、「本当に加入したいのかな?勧誘受けて可哀想に」と思っていたけど、その状況が自分に突如やってくるとは思いませんでした。


彼女が持ってきたプランは3種類くらいあったかな。(ほとんど聞いていなかったので覚えてない)
いろいろ説明してくれたけどそこは新入社員、研修を終えたばかりというレベルで、ちょっと突っ込んだ話をすると「それはわからない」と返ってくる。私も以前保険と少し関連した職場で働いたことがあったので、全くのド素人というわけではない。ちょっと意地悪かなと思いながらも保険勧誘という奇襲攻撃をかけてきた彼女に対して「加入する気は全くないけど、話の練習台にはなるよ」と言ってちょくちょく突っ込んだ質問をしてやり過ごすことにした。


加入どうかな?と言われたけれど、それは無理と拒否した。加えて「保険は夫が全部管理してるから私に決定権はないんだよね」とのらりくらりとかわして保険の話は終わりました。


そこからはいつも通り、他の話題で花が咲いて楽しく過ごせた。彼女はほんとに時間を気にすることなく、私がそろそろ帰るというまで普通に話に付き合ってくれていたので、会社に報告すれば日中が自由時間というのは本当だったみたいです。


保険の話のあとは楽しかったですが、会うのを楽しみにしていた友達から保険営業を受けるというのはなかなかショックな出来事でした。

私には何人か保険業界で働く友達がいますが、今までその友達から保険の話をされることは一切ありませんでした。彼女と同じ生保レディをやっている子もいるけれど、仕事の愚痴は聞くものの勧誘のかの字もありませんでした。


友達には勧誘しないというのが基本だと思っていたぶん、ガッカリ感が大きかったのかもしれません。

第一、保険なんていう大事なことを友達が言うからと決めてしまう人なんているのかと。お金がある人はいいかもしれないけど、うちにはそんな余裕はありません。情で入ってしまうと解約するのも大変なので、どんなにいい保険だと思っても私は友達からは加入しないと決めてます。


でもその一方で彼女も契約を取るのに必死なのかなと、なんだか気の毒な気分になってしまいました。
それでも最初から友人を頼るようでは長くは続かないと思うけどね。(もともと転職グセのある彼女というのもあり)


大変な職業であることはわかっていただろうに・・・、自分の職業を決めるって難しいなと思った。彼女との関係はしばらく様子を見ることにします。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

書けばわかる!わが家にピッタリな保険の選び方 [ 末永 健 ]
価格:1598円(税込、送料無料) (2017/6/28時点)



スポンサーリンク

カテゴリ
タグ