みなさんは自宅に何種類の調味料をお持ちですか?

それぞれちゃんと使い切れればいいですが、中途半端に使って賞味期限を迎えてしまい最後はポイなんてことになっていませんでしょうか。
物を減らすためにもお金の無駄を省くためにも、調味料も厳選して使っていきたいものですね。

例えば「はちみつ」と「メープルシロップ」とか
「米酢」と「すし酢」とか。
似たような役割なんだけど両方持っていてどちらも中途半端になるなんてパターンは経験あるんじゃないでしょうか?
あるあるですよね~。


我が家は「米酢」と「すし酢」がどうしても使い切れなくていつも捨ててしまっていました。(賞味期限切れで)
似たような役割なんだけど、それぞれにちょっと違うんですよね。
手巻きずしには「すし酢」を使いたいし、餃子を食べる時には「米酢」を使いたいし・・・。
どちらも1回に少量ずつしか使わないので自然にどちらも余ってしまっていました。
まだたくさんあるのにドボドボと捨ててしまうあの悲しさ。
なんとも言えない気持ちになりますね・・・。


そんな困っていた時に、両方の利点を兼ね備えた「カンタン酢」が颯爽と現れたのであります!(*'ω'*)
1本でいろいろ使えるなんて素敵!!


それがコレだーーーー!!!

ババーン!!ミツカンの「いろいろ使えるカンタン酢」!!





↑だいぶ使っているので少量しか残ってない。



まずお読みください


先に断っておきますが、私も夫もグルメではありません!
つまり「お酢」や「すし酢」を使った時の味と「カンタン酢」を使った時の味の違いには鈍感だということ。
最終的にお酢の感じが出ればOK~!というおおらかな気持ちをお持ちの方はそのままお読みください(*'ω'*)


カンタン酢、こんな時に使えます


「いろいろ使える」がウリなだけあって、使い道が多いように思います。
お料理が苦手な私にはとても使いやすくて循環しやすい(使い切りやすい)調味料なのです。

レパートリー・使い道を見ていきましょう。


餃子を食べる時に醤油に混ぜる


いつもは「米酢」を使っていましたが、「カンタン酢」でもOK。
カンタン酢は甘味があるのでお酢のツーンとした感じは出ない。
そのツーンって感じが好きな人にはやっぱり米酢なのかしら。


きゅうり等を漬け込んだピクルス


きゅうりやパプリカを適当な大きさに切ってカンタン酢に漬け込むだけ。
冷蔵庫で2~3時間ほど置いておきましょう。それでOK。
簡単すぎて腰が抜けそうですね。

注意があるとしたら、「カンタン酢」は例えばらっきょうの漬け込みのように長期間保存するものには適していないそうなので早めに食べましょう。


大根の薄切りで千枚漬け


大根を薄切りにして、カンタン酢と少量の塩昆布を入れた容器に漬け込みます
もしお手元に柚子があれば柚子の皮を入れるともっと美味しい。


お肉を焼くときにかける


鶏肉や豚肉を焼いているときに調味料として使います。
焼きあがればそれだけで「甘酢焼き」てきな感じになりますよ(*'ω'*)
手羽先を使ってカリカリっと焼き上げればそれはそれは美味しいです。
変に調味料を使って「なんか違う・・・」っていう味付けにするよりかは私はこれ一本で仕上げちゃう方が好きです。


炊いたお米にかけて酢飯を作る


「すし酢」としても使ってます。
もしかしたら本来の使い道じゃないのかもしれませんが、我が家は酢飯もカンタン酢で作っちゃいます。
気になる人は甘味が気になるかもしれません。これはお好みでどうぞ。
我が家は気にならずにモリモリ食べています(;^ω^)


ね、便利でしょ?


ちょっと考えただけでもこれだけレパートリーが出てきました!
我が家ではオールマイティーなお酢として食卓の定番になりつつあります。
調味料を無駄にしたくない・物を減らしたい・細かい味の違いは気にしないという方にはとてもオススメですよ!

気になった方はぜひお試しくださいね~!
(ちなみに私はミツカンの回し者ではありませんのでご安心を(*'ω'*))
ではまた



家計管理・貯蓄ランキング
関連記事

スポンサーリンク


ブログランキングに参加中!!
応援してくださると励みになります
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
カテゴリ
タグ