a0003_000732.jpg
自分で言うのもなんですが、夫婦仲はいい方だと思っています。

一緒にいる時は割とくっついて過ごしているし、よく話しよく笑い合うような夫婦です。
ここ最近は大きな喧嘩もなく平穏な日々を過ごしています。
夫がどんなポイントで怒るのかだんだんわかってきたので、その地雷を踏まないように気を付けて生活しているからかもしれません。


我が家の暗黙のルールとは


さて、タイトルの件。
夫婦が一緒に暮らすようになると、ふと気づくと夫婦の「暗黙のルール」が自然に出来ていた!なんてことはありませんか?

我が家はなんとなく「決まりごと」みたいなものができていました。

ほんとうに些細なことなんです。
それは、「家で仕事の話をしない」ということです。


いつだったか、いま会社でどんな仕事をしているのか質問したことがありました。
すると夫は一切答えず、それどころか「家で仕事の話をしたって何の得もない」と言われてしまったのです。

それから私は夫に仕事のことを聞くことはやめて、それ以外の話をするように心がけました。


何も知らない妻、それでもいいんじゃない?


なので、私はいま夫がどんな仕事に関わっているのかを全く知りません(*'ω'*)

会社名と「○○業界」というのはさすがに知っていますが、具体的にどんな仕事内容なのかがわからないのです。

親戚の集まりかなんかで夫が「いま○○という仕事をしていて~・・・」と話しているところを横で聞いていて初めて知ることが多い。(本人は聞かれるので仕方なく話しているかんじ)


それって妻としてどうなの?とも思いますが、知らなければそれはそれで気がラクです。

余計なストレスを感じなくてすみます。


仕事の話がもたらすものとは


仕事の話題をされることって、余計な心配事を聞くようなものが多いんですよね。

例えば夫が大きなプロジェクトを任されたとしましょう。
家に帰って奥さんにそのことを告げるとしましょう。

すると奥さんは頭の片隅で「あのプロジェクトは成功するだろうか・・・」とこれから心配になるはずです。

夫がため息をつきながら帰ってきたら、「うまくいってないんじゃないか・・・」なんて思うでしょう。
でも「大丈夫?うまくいってるの?」なんて口には出せない。
だから心配するしかない。モヤモヤ、モヤモヤ。

夫の会社のことを妻が解決しようなんて、無理と言ってもいいでしょう。
自分には何もできない、無力感を感じるだけです。


それが上手くいっていてもそうでなくても「知っている」ことで色々推測したり心配をしたりとエネルギーを使ってしまいがち。
それならいっそ何も知らない方がいい。

もしかしたら夫はそう考えているのかもしれません


過去の私は口を開けば愚痴ばかりでした


私は昔仕事がうまくいかなかった時によく両親に愚痴や恨みごとを言っていました(;´Д`)
毎晩泣きながら家に帰ってくる娘を見て両親はどう思っていたでしょうか。
きっととても心配していたはずです。
ストレスを受けていたはずです。

今となっては反省しかないのですが、当時はそこまで考える余裕もありませんでした。


仕事をしていれば当然いいことばかりじゃなくて嫌な思いをすることもあります。(むしろそっちのが多い?)

それでも妻には嫌な思いをさせないように夫は気を使ってくれているんだろうなと思います。

家にいるときはお互いに仕事のことは話さない。

その暗黙のルールはこれからも続いていくことでしょう。

相手を思いやるような、優しい暗黙のルールができるといいですね(*'ω'*)


家計管理・貯蓄ランキング

トラコミュ 貯金、貯蓄、家計、お金に関すること

トラコミュ お金を貯める方法

トラコミュ クレジットカード節約術

トラコミュ 生活を楽しむ料理・旅行・生活・お買い物

スポンサーリンク

タグ