a0007_000985.jpg
私の住まいは築30年の古アパートです。
いまのアパートに住みだしてかれこれ3年が経ちました(*'ω'*)
正直言って、人に自慢できるような住まいではありません

間取りは2DK、マンションのようなエントランスはありません。
部屋だけで廊下がありません。
お風呂には追い焚き機能もついていなくて、浴室乾燥機ももちろんついてない我が家です。
ついでに画面つきのインターフォンもなし。
来客があればドアの穴から確認しています。
一言でいえば、「THE・アパート」って感じでしょうか。

しかし!住めば都で、私はここの暮らしが結構気に入っているのです☆
気に入ったポイントを3つ書いていきます。

1.駅近にしては家賃が安め


2DKで家賃が月7万円です。
びっくりする程安いわけではないですが、駅近で7万円はなかなかいいんではないかと思います。

都会に住んでいる友人に家賃を言うと「やっす!」と驚かれます。
ちょっとした優越感です。(安いことに喜びを感じるおばちゃん予備軍)

我が家は車を持っていないので駅近の条件は譲れませんでした。
本当は同額で3DKの物件もあったのですが、競争で負けてしぶしぶ今の住まいに引っ越してきたという過程がありました。
夫はいまでも「3DKの方が良かったかなぁ~」なんて言いやがります。

しかし家賃に関しては社宅には勝てないとつくづく思います。
社宅は貯金の強い味方であり、固定費を削る最強の味方なのよね。


2.探し物がすぐ見つかる


狭いアパート暮らしのメリット。
2DKの狭い間取りなので、何がどこにあるか簡単に把握できます
物を探す時間は実家(一軒家)にいた時より圧倒的に短い。

部屋が3つ続いているのですが、真ん中の部屋に立てばすべての部屋を見渡すことができます(*'ω'*)
収納したとしても場所が限られているので探し物がらくちーん!

物を増やさないように気をつけて生活すれば、小さな部屋でも快適に過ごすことができますよ。
我が家は物は多くないと思いますが必要なものは揃っていて、「あれがなくて困る」と感じることはありません。
浴室乾燥機などは「ないのが当たり前」なので特に求めていないです。


3.掃除がラク


部屋が狭ければ掃除もラクです。
3つの部屋の仕切りを開けて、掃除機いっきにかけてクイックルワイパーかけて、はいおしまい。
面倒な階段も廊下もありませんから(/ω\)

文句があるとしたら、リビングに大きなこたつ机があることでしょうか。
掃除のときにいちいちどかすのが面倒でダルいです。
もっと小さなテーブルに買い替えたいと強く思っています。(無駄にでかいし)


他人から見たら???な物件でも、自分が気に入ればそれでいい


私の友人は比較的裕福な人が多く、そんな友人たちの住まいに比べると我が家はとってもへなちょこです。
それでも私は結構友人を招きます(*'ω'*)うちくるー?なんてよく言ってます。

他人にどう思われようが、自分の住まいを自分が気に入っていればそれでいいんじゃないかなって思います。
見栄をはるにもお金がないし、将来のために貯金もしたいし。

貯金が貯まればいつかは小さなマイホームでも持てたら嬉しいよねっていう感じです。

しばらくはこのアパートで節約生活していこうと思っております。
さらに来年からは貯蓄用口座を新たに作って毎月先取り貯金していこうかなとも考えております。

素敵な今と未来のために、やるぞー!( `ー´)ノ


家計管理・貯蓄ランキング

トラコミュ お金を貯める方法

トラコミュ 家事がラクできる家づくりの工夫♪

トラコミュ * ステキなインテリア&雑貨 *

トラコミュ ブログ家計簿で節約生活

スポンサーリンク

カテゴリ
タグ