お金を貯めるには、何にいくら使っているのか把握することからはじめよう!
・・・と良く言われていますね(*'ω'*)

家計簿をつけようという意気込みはあるものの、なかなか続かなかった・・・という経験はありませんか?

でもこれからは大丈夫!
超おおざっぱ主婦の私が続けられる家計簿の書き方を伝授いたします。

これは私が現在使っている手書きの家計簿です。
手作りとか面倒くさいので市販の家計簿を使います。
本屋で買いました。



家計簿は完璧を目指そうとすると絶対に続きません。
私の経験上、最初からはりきりすぎてたくさんの項目を書こうとすると途中でダレます。

そこで試行錯誤しながら、私はズボラでも長続きする家計簿の書き方にたどり着きました。
それは、手書き家計簿の項目を「食費」と「その他」だけにすること
2つだけなら簡単そうだと思いませんか?


実際のページはこちら


kakekake.jpg

最終的な一週間の合計を「食費」と「その他」にわけます。
日用品も交通費もクリーニング代も「その他」です。

ずらっと並んだ他の項目には見向きもしません。
それ以外の項目は使わないので、全ページが空欄です。


じゃあ光熱費とかはどうなの?把握してないの?と思われそうですが、ご安心を。
食費以外の光熱費は「パソコンのエクセル」で管理しています。
毎月ブログで公開している家計簿の表のことです。
一度表を作ってしまえば入力するだけなので簡単です。

<一例>
9月の家計簿

食費を一ヶ月まとめるには定期的に書き出さないといけないので、そのためだけに手書きの家計簿を使っています。

電気代や水道代とかは「金額のおしらせ」が来るから一瞬でわかるけど、食費はいちいち集計しなきゃいけないから合計を出すのに時間がかかります。その中間地点を残すための手書き家計簿です。

食費なのか、そうじゃないのか。
食べ物なのか、それ以外なのか。

ね、簡単でしょ?

書くところが少なくてとってもラクちん☆

一ヶ月「食費」と「その他」を集計したら、エクセルに打ち込む。
家計簿を書く時間を少なくして、一ヶ月の収支全体を見渡して今後どうしたらいいかを考える時間にあてた方が家計管理に有効だと思いますよ。

家計管理・貯蓄ランキング
関連記事

スポンサーリンク

カテゴリ
タグ