a0002_011458.jpg
「毎日お弁当を作るのは面倒くさい!今日はコンビニで買えばいいや・・・」

なんて思ったことはありませんか?私は何度もあります。
お弁当作りは毎回挫折してきました。

会社員として働いていた時もパートで働いていた時も、節約のために最初はお弁当を自作していたのですが、疲れが溜まってくるとだんだん面倒くさくなり「今日はお弁当作りたくない、だって時間かかるし面倒なんだもん。」とやめてしまっていたのでした。

今日はそんなお弁当作りについて語ります。

何故お弁当を作ろうと思ったのか


それはズバリ言います節約のためです!
コンビニでお昼ご飯を買うと大体400円~600円ほどかかります。
デザートまで付けたら700円以上になることもあり、満足感はありますがお財布が痛いです。

では考えてみましょう。
お昼代が平均500円として20日間お弁当を作ったとしたら、1万円の節約になります。
月1万円だとしたら1年間で12万円の節約になります。旅行に行けるような値段ですね!
(お弁当も材料費はかかりますが買いに比べれば断然安いです)


スポンサーリンク

では、お弁当作りは何故続かないのか?


節約の魅力たっぷりのお弁当作り。
最初はあんなにやる気満々だったのに何故お弁当作りが続かなくなってしまうのか、まずはそこから考えてみます。
ちなみに私は料理があまり得意ではないので、料理下手という前提で書かせていただきます。

考えられる理由は3つ。
・時間がかかる
・面倒くさい
・たいして美味しくない(個人差あり)


この理由のうち、「時間がかかる」「面倒くさい」というポイントで私はよくつまづいてしまうのです。
今まで挫折しっぱなしでしたが、この度「これなら続けられる!」と感じたお弁当作りのコツを発見したので皆さんにお伝えしようと思います。

ズボラ流、長く続くお弁当作りのコツ


まず最初に言っておくことは、これは結構ズボラな作り方なので自分用のお弁当という前提でいかせていただきます。

「小さめのおかずタッパー+おにぎり」がベスト!お弁当作りのハードルを下げよう。


大きくて立派なお弁当箱を買ったのはいいけど、どんな具を詰めたらいいんだろう?と思ったことはありませんか。
大きなお弁当箱はそれだけ「オカズをたくさん詰めなければいけない」というプレッシャーがかかるので自分用のお弁当箱としてはオススメしません。
スカスカなお弁当箱は見た目が格好悪いし、そのお弁当を見た人に「今朝は忙しかったのかな」「もしや早弁した?」と思われるかもしれません。まぁ、思われるだけなので別に害はないですが。

作るだけでも時間がかかるのに、それ以前にお弁当に詰める具は何にしようかなと考えることすら時間がかかります。
ズボラ流でいくなら小さめのタッパーを選びましょう。
オカズを3種類いれたらすぐ埋まった!くらいの大きさがいいと思います。

私が実際に使っているのがこのタッパーです。
ロック&ロックという種類で4ヶ所に留め具があるので汁漏れしにくい構造になっています。

透明なタッパーなら尚良い


外からオカズが見えるような透明なタッパーだと更にいいです。
何故なら「お弁当に対するハードルを下げる効果」があるから!

例えば私が一時期憧れていた「わっぱ弁当」のような立派なお弁当だと、周りの人に「中身はどんなお弁当なんだろう?」という期待を勝手に持たれかねません。
中身も素晴らしいお弁当ならいいんですが、そんな素敵なお弁当を作れない私にはハードルが高すぎます。
そこまでお弁当に情熱を注いでいるわけではないので、立派なお弁当箱は逆に負担だということに気付きました。
(あくまで自分用の弁当の場合)

そこで透明小さめタッパーの登場です。

これなら外からオカズが見えるので、フタを開ける前にすでに「出オチ」している状態です。
「私のお弁当はこれです」と最初から手の内を見せて白旗を上げてしまえば、蓋を開ける瞬間など誰も気にしません。
他人からの期待も何もありません。むしろ潔いです。

そして何回かこのタッパー+おにぎりのお弁当を持っていくと、周りの人も「これが彼女の弁当スタイルなんだ」と理解してくれるようになります。パッと見ズボラな感じでも、一度受け入れてもらえればその後は楽に低空飛行で続けられるものですよ。

オカズは何を入れるか


出ましたオカズ問題。これが問題です。
私がよく入れるのは以下のオカズです。

・昨日の夕飯を取っておいたやつ
・たくあん
・カニカマ
・大量に作って冷凍したハンバーグ
・卵焼き
・お弁当用冷凍食品

これを日替わりで組み合わせて詰めています。
なんという・・・適当さ!!自分で書いててビックリしました。
お弁当冷凍食品は4つで540円の時にまとめ買いしてちょびちょび使っています。

おにぎりは「混ぜ込みわかめ」等を混ぜるだけ


おかずタッパーが小さめのぶん、おにぎりは大きめに作っています。
流石に白飯おにぎりはキツイので、何かしら味を付けると最後まで美味しく食べられます。

その日の体調によって、おにぎりの大きさで食べる量を調整できるのが手作りおにぎりのメリットです。
しまったお米が少ない!!という時でも小さめおにぎりで持っていけるのがいいですね。



ストレスが溜まるようなら買い弁もあり!


今まで節約のために「お弁当作ろう」というお話をしていましたが、ストレスフルな人はむしろ買い弁の方がいいです。

会社員を続けていると、仕事で過剰にストレスが溜まったりすることもあると思います。
そんなときは無理してお弁当を作らずに「ランチでストレス発散」しちゃってください。
節約よりもストレス発散が必要な時です。

私は会社員時代に仕事がキツかったこともあり、1日の楽しみが「お昼ご飯」と「寝る前にウトウトまどろむこと」しかないという生活をしていました。
「今日のお昼は何にしようかな、イタリアンに行こうか焼肉にしようか・・・」と考える時間はとても楽しいものです。
それが楽しみで仕事に行っている昔の私のような人は、無理に作る必要はないと考えます。
ストレスを発散させて、前向きに仕事に取り組もうとするのが一番です。


以上が私が考えるズボラ流お弁当作りのポイントでした。
自分の弁当作りがなかなか続かないという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

家計管理・貯蓄ランキング
関連記事
スポンサーリンク


ブログ村トラコミュの記事も参考にどうぞ

にほんブログ村テーマ もっと心地いい暮らしがしたい!へ
もっと心地いい暮らしがしたい!

にほんブログ村テーマ 断捨離シンプル&ミニマムな暮らしへ
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

にほんブログ村テーマ 節約にチャレンジ!へ
節約にチャレンジ!

ブログランキングに参加中!!
応援してくださると励みになり
もれなく私が小躍りします


にほんブログ村
カテゴリ
タグ