先日は未使用食器をリサイクルショップに持っていきました。
その時の記事はこちら
今回は使用済み食器を断捨離しました。

さよならすることに決めたのは以下の食器たち


マグカップと小鉢がいくつか。
家を出る時に両親にもらった食器のなかの数種類です。
これらはほとんど使われることがなく、食器棚のなかに数年眠っていました。

普段からあまり出番がないなぁとは思っていましたが、親にもらったものだし・・・と今まで捨てるのをためらっていました。
まだ使える物を捨てるのは罪悪感が伴います。

でも、使わない物(気に入っていないもの)ばかりあっても仕方がない。
捨てることで生まれる空きスペースに今度は気に入ったものを置けばいいんだ!
そう思うことにしました。

捨てたことによって食器棚はよりスッキリと整理されました。
用途別に分けて上段・中段・下段と食器を置いています。
一番取りやすい下段にコップ類を置いています。

少しずつ使わない食器を減らしていくことで
食器棚を開けたときに、どんな食器があるか一目でわかるようになってきました。
奥に隠れてひっそりしている食器が少ないということです。

自分がどんな食器を持っているのかを把握できれば、買い足す時も安心して買うことができます。
買ったはいいけど同じような形の食器があった・・・という後悔が防げます。
なんとなく可愛いから買う!というのはストレス発散的にはいいですが、可愛いからというよりも「コレに使う!」という用途をたてやすいのがメリットだと思います。

整理することで「次のサヨナラ候補」を考えることも出来ます。
その候補があれば、魅力的な食器に出会えたときにも安心してお迎えできますね。

それでも我が家にはマグカップがまだ7個あります。
まだまだ減らせそうです。

いろいろ捨てていますが私はミニマリストを目指しているわけではありません。
ブロガーさんの記事を読ませていただいて、私も過ごしやすい空間を作りたいなと思いました。

食器棚を見るのがますます楽しみになりそうです

家計管理・貯蓄ランキング

最後にひとこと:意味もなく食器棚を開けたり閉めたりして、1人でニヤニヤしとるよいたずらに 時間が過ぎる♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

スポンサーリンク

カテゴリ
タグ