a1180_008903.jpg

先日姉と会った時、ある小説を渡されました。
頼んでもいないのに「面白いよ」と無理やり貸してくれたのです。



その本は上橋菜穂子さんという作家さんが書いた「精霊の守り人」という小説でした。

何も知らない(小説に疎い)私は「これって、どんなジャンルの本?」と聞くと、
「ファンタジー小説。ゲーム好きな人にはピッタリの小説だと思うよ。」とのこと。
姉がファンタジー小説を読むなんて珍しいです。
いつも堅苦しい本ばかり読んでるのに。

そこまで勧めてくれるなら、きっと面白い作品なんだろうと思ったね。


最初はなかなか本を読む気になれなくて1ヶ月ほど放置してしまったのですが、姉と再び会った時に「そういや、あの本(精霊の守り人)読んだ?」という話になったので、これは読まないと申し訳ないという思いで読みはじめたのです。

率直な感想は、
なんだこれ…むちゃくちゃ想像力をかきたてられて面白いじゃん!…でした。

読みはじめたら止まらなくなってしまい、結局2日で読み終わってしまいました
読書を中断した時にこれほど続きが気になった本は初めてかもしれません。

この小説はファンタジー小説であり、同時に児童文学書なのだそうです。
しかしあなどるなかれ、児童から大人まで幅広く楽しめます。


内容に全然触れていませんが、先入観なしで読んだ方が楽しめると思うので言いません(おい)

一つ驚いたことは、主人公が30歳の女用心棒ということです。
ファンタジー小説は少年少女が主人公という私の固定観念を見事にぶち壊してくれました。もちろんいい方に。
歳が近い分、より楽しめたのかもしれません。
色々経験して実力もあるのだけど、どこか影があるような主人公に惹かれてしまいました。

また、この小説は完全なファンタジーです。
言い方が変かもしれませんが、よくある「現代に住む主人公が異世界へ迷い込んじゃった☆」系ではないです。
最初から最後まで異世界です。
世界観には割と抵抗なく溶け込めました。設定はかなりしっかりしていると思います。

挿絵がないので、見たことがない世界を文字だけで想像しながら読みすすめることになります。

これがまた情景の表現が巧みだからでしょうね、私の頭の中では主人公から世界観まで「こんな感じだろう」と想像できました。
きっと読んだ方みんながそうなのだと思います。


文字を読んでいるはずなのに、頭の中では映像が自然に繰り広げられているような不思議な感覚になりました。(私の場合は完全アニメーションでしたが)

しかも頭の中の主人公達の躍動感ったらハンパないです。


サクサク読み進めることが出来るので、気になった方はぜひ読んでみるといいと思います。
ストーリーにかなり引き込まれますよ。
私は感情が揺さぶられて、読みながら涙目になってしまいました。
マクドナルドで読んでたのでちょっと恥ずかしかった…。

ちなみにこの小説は「守り人シリーズ」というものらしく、シリーズ化しているそうです。
私は早速明日から次の本を読むつもりでいます。(もう手元にある)
いやぁ、楽しみだなぁ~(*^o^*)

家計管理・貯蓄ランキング  




にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

読書感想文書き方ドリル 2016 [ 大竹 稽 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2016/8/16時点)


関連記事
スポンサーリンク


ブログ村トラコミュの記事も参考にどうぞ

にほんブログ村テーマ もっと心地いい暮らしがしたい!へ
もっと心地いい暮らしがしたい!

にほんブログ村テーマ 断捨離シンプル&ミニマムな暮らしへ
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

にほんブログ村テーマ 節約にチャレンジ!へ
節約にチャレンジ!

ブログランキングに参加中!!
応援してくださると励みになり
もれなく私が小躍りします


にほんブログ村
カテゴリ
タグ