a1380_001681.jpg
自分で言うのも何ですが、私はフットワークが軽い方だと思います。

他人を巻き込むことは苦手ですが、自分一人でなら「行きたい」と思ったところに休みが出来たら行くようにしています。
「やりたい」と思ったことは実行するようにしています。


フットワークは軽い方がいい。

そこで新たな知り合いが出来るかもしれないし、興味の幅も広がるから。
今までの点がつながって新しいやりたいことが見つかるかもしれない。


気になることがあれば、チャレンジするといいと思います。


好きだから、やりたい」という気持ちがあれば、何をやるにも遅すぎることはないと思うのです。


私が以前働いていたパート先は、平均年齢20歳でした。若いアルバイトさんばかり。


そこは学生の時に働きたいと思っていた場所で、学生時代は部活動が忙しく断念した場所でした。


その時私は30歳近くでしたから、周りより一回り上という環境。
ジェネレーションギャップ感じまくりで、最初は「ちょっと場違いだったかしら」と思いました。


しかし自分から歩み寄ってみると、みんな気さくに話かけてくれるようになり、結果的にとても楽しく働くことが出来ました。
社員さんの話だと、自分はみんなのお姉さん的存在だったと聞きます。


やりたい気持ちがあって自分で選んだものなら、何事も遅すぎることはないと強く感じました。

それと同時に、自分の思い込みでブレーキをかけていたことに気づきました。


「やってよかった」
「楽しかった」


その気持ちが次のチャレンジの原動力になるんだと思います。


思い返せば、自分の今までの人生は迷ってばかり。


大学で4年かけて教職をとったけれどその道に進まず、新卒で入社した会社は数年で辞めました。

特別なスキルもなく、中途半端なキャリアは今後何の役にも立たないのかもしれない。(同じ職種につかない限り)


でもそこで学んだことは自分のなかに蓄積されていて、そこで出会ってきた人達から意見を聞くことが出来るようになりました。


人の影響とは不思議なもので、エネルギッシュな人と一緒にいるとまるで自分まで活き活きと生きられるような気持ちにさせてくれます。


自分の中の「陰と陽」のスイッチをパーン!と切り替えてくれるような影響を人から受けることも多いのです。


自分が陰の状態にずっといるなと気付いたら、明るい陽の影響を与えてくれる人が多くいる場所に出かけていくといいと思います。

私の場合はそれがフラ教室です。
笑顔で楽しそうに踊る中年のおばさま達を見ていると、自分まで幸せな気分になります。

世の中出会いがない•楽しいことがないと嘆いている人が多いですが、とにかくフットワーク軽く動いてみるのがいいんじゃないかと思います。
自分の場合は頭より先に身体が動いてしまうタイプなので、若干気をつけないとなと思うところもあるのですが(~_~;)
すぐ実行できる人の方が巡ってくるチャンスは多いですね。

家計管理・貯蓄ランキング  




にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

スポンサーリンク

カテゴリ
タグ