月別アーカイブ:2015年08月

  • 2015/08/31■日記■

    先日、義理実家の法事(葬儀)に初めて参加してきました。私が住んでいる場所は割と都会に近い場所で昔ながらの慣習を私はあまり知らなかったのですが、田舎の方は都会と比べて1から10まで法事をしっかりやってました。「こんなことやるんだ・・・」という驚きの連続です。(単に私が世間知らずなだけかも)ちなみに日本の端っこで、南の方です。精進料理は徹底して続けるし、お坊さんは毎日来るし(初七日まで)、目が回るほど...

    記事を読む

  • 2015/08/30■日記■

    私の専業主婦歴も3ヶ月ほどになりました(*'ω'*)その間わたしが何をしていたかというと・・・・・ブログ書く(これはもう習慣化してる。パートに出たら頻度下がるかも)・ドラクエ4をやる・小説を読む・保育士の勉強・Youtubeでお笑い動画を見る(よく見るのはコロッケのものまね)・寝る・ほどほどの家事・・・これだけです。「パート辞めて専業主婦になったよーー!」と知り合いに言うと、わたしの事情を知らない人の半分くらい...

    記事を読む

  • 2015/08/27読書感想文

    先日姉と会った時、ある小説を渡されました。頼んでもいないのに「面白いよ」と無理やり貸してくれたのです。その本は上橋菜穂子さんという作家さんが書いた「精霊の守り人」という小説でした。何も知らない(小説に疎い)私は「これって、どんなジャンルの本?」と聞くと、「ファンタジー小説。ゲーム好きな人にはピッタリの小説だと思うよ。」とのこと。姉がファンタジー小説を読むなんて珍しいです。いつも堅苦しい本ばかり読んで...

    記事を読む

ド田舎の法事に参加して思ったこと

a0070_000072.jpg
先日、義理実家の法事(葬儀)に初めて参加してきました。

私が住んでいる場所は割と都会に近い場所で昔ながらの慣習を私はあまり知らなかったのですが、田舎の方は都会と比べて1から10まで法事をしっかりやってました。
こんなことやるんだ・・・」という驚きの連続です。
(単に私が世間知らずなだけかも
ちなみに日本の端っこで、南の方です。

精進料理は徹底して続けるし、お坊さんは毎日来るし(初七日まで)、
目が回るほどつぎつぎといろんなことが起こって最後にはヘトヘトになってしまった

うちは夫が長男なので、いずれはこれをまたやらないといけないんだな・・・と思うとめまいがする。
お義父さんお義母さん長生きしてください、まじで頼みます





義理実家の行事に参加して再認識したのは、「わたし・・・嫁いだんだな。」っていうこと。
何をいまさら!!って感じですが、わかってるようでわかってなかった。
盆と正月に帰省するくらいじゃわからないインパクトが法事にはありました。

遠く離れて暮らしていると感じにくい「一族のつながり」的なものを見たからでしょうか。
そしてそこに自分がポンと参加している違和感。
しかも長男の嫁っていうことで結構重要な感じで扱われてるよォ~っていう戸惑い。

自分の実家が近くにあるので今まで感じてきませんでしたが、
私は完全に「夫の親族側の人」なんだなと、改めて思ったわけです。

そして同時にちょっと寂しくなったよ・・・。

あぁ~、これについては先のことを考えるとどう考えてもイイコトないから
あんまり考えないようにしよう!!!

尻切れトンボですが、今日はこれまで

家計管理・貯蓄ランキング

最後にひとこと : 義理実家の田んぼ&畑広すぎぃ~!

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
カテゴリ
タグ

「専業主婦って一日何して過ごすの」という質問が多すぎる。もうその質問は飽きました。

a0001_008834.jpg
私の専業主婦歴も3ヶ月ほどになりました(*'ω'*)
その間わたしが何をしていたかというと・・・・

・ブログ書く(これはもう習慣化してる。パートに出たら頻度下がるかも)
・ドラクエ4をやる
・小説を読む
・保育士の勉強
・Youtubeでお笑い動画を見る(よく見るのはコロッケのものまね)
・寝る
・ほどほどの家事

・・・これだけです。


パート辞めて専業主婦になったよーー!」と知り合いに言うと、
わたしの事情を知らない人の半分くらいは、「暇じゃない?一日なにしてるの?」と聞きます

まぁたこの質問なのかよ!!


と内心思いますが、毎回ちゃんと答えてますよ!
家事やった後はドラクエやってる」って馬鹿正直に答えてます
そしたら大体はそれ以上突っ込んできませんので、この話は終了になります。
ある意味便利かもしれません
ドラクエといってもクリアまでのプレイ時間が60時間超えるものもありますからね。
ちゃんとやろうと思ったら大変ですよ。

いや、流石に義理親戚に聞かれたときはちゃんとそれなりに答えてますよ。
「○○くんのおかげでゆっくり過ごさせてもらってます~」とか。あれ、これなんかちょっと嫌味っぽい?


でもあれですね、質問してくる人は「こんにちは」の次の「いいお天気ね」みたいな挨拶ばりにブッコンでくるもんなんですね。
1人じゃなくてたくさんの人から聞かれるので、これがきっと彼らの習慣みたいなもんなのでしょうか。


「こんにちは」 → 「いいお天気ね」
「専業主婦です」 → 「一日何やってるの?」  この流れ!


時間だけはたくさんあるから、何か特別なことをやってるんじゃないか・・・という期待を持ってる人もなかにはいると思うんです。
その方たちの期待には一切答えられないです。すみません。
「ドラクエやってる」「寝てる」なんて、夢がないわね。(ある意味夢しかないけど

友人のほとんどが働いてるっていうなかで私は珍しいのかもしれないが、
年頃の女性が働いてるのが当たり前だと思うなよ!と言わせていただく(*'ω'*)


「何やってるの?」と聞かれた時に「私はこれをやってる!」と胸張って言える何かがあればいいんですが、それが特にない状態だと答えるたびになんだか自虐的になってくる感じがします。
私なんてこんなもんだよ~ハハハ・・・みたいな。
誰にも批判される理由なんてないんですよ?
しょんぼりする理由なんてない。


でもなんだか自分で自分に「稼いでない負い目」みたいなものを感じてしまう。
周りから「(働かないで)何やってるの?」と聞かれると、さらにそれが倍増してしまう。

「私には私の生き方がある、ほっといてくれ」と思ったりもしますが、これも専業主婦にとっては大事なコミュニケーションのきっかけなんだと思うのです。
相手は別に悪意があって聞いているわけではない(と思いたい)し、
1人で家にいる時間が多いと、話す相手がいるだけでもありがたい気もする(*'ω'*)

負い目みたいなものを感じてしまうのは、自分が専業主婦に向いていないっていうか
考え方がまだ「働くことに未練がある」っていう方に傾いているんだろうなぁ。

今日はそんなことを考えておりました。
ではまた

家計管理・貯蓄ランキング




にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
カテゴリ
タグ

小説「精霊の守り人」が予想以上に面白かった

a1180_008903.jpg

先日姉と会った時、ある小説を渡されました。
頼んでもいないのに「面白いよ」と無理やり貸してくれたのです。



その本は上橋菜穂子さんという作家さんが書いた「精霊の守り人」という小説でした。

何も知らない(小説に疎い)私は「これって、どんなジャンルの本?」と聞くと、
「ファンタジー小説。ゲーム好きな人にはピッタリの小説だと思うよ。」とのこと。
姉がファンタジー小説を読むなんて珍しいです。
いつも堅苦しい本ばかり読んでるのに。

そこまで勧めてくれるなら、きっと面白い作品なんだろうと思ったね。


最初はなかなか本を読む気になれなくて1ヶ月ほど放置してしまったのですが、姉と再び会った時に「そういや、あの本(精霊の守り人)読んだ?」という話になったので、これは読まないと申し訳ないという思いで読みはじめたのです。

率直な感想は、
なんだこれ…むちゃくちゃ想像力をかきたてられて面白いじゃん!…でした。

読みはじめたら止まらなくなってしまい、結局2日で読み終わってしまいました
読書を中断した時にこれほど続きが気になった本は初めてかもしれません。

この小説はファンタジー小説であり、同時に児童文学書なのだそうです。
しかしあなどるなかれ、児童から大人まで幅広く楽しめます。


内容に全然触れていませんが、先入観なしで読んだ方が楽しめると思うので言いません(おい)

一つ驚いたことは、主人公が30歳の女用心棒ということです。
ファンタジー小説は少年少女が主人公という私の固定観念を見事にぶち壊してくれました。もちろんいい方に。
歳が近い分、より楽しめたのかもしれません。
色々経験して実力もあるのだけど、どこか影があるような主人公に惹かれてしまいました。

また、この小説は完全なファンタジーです。
言い方が変かもしれませんが、よくある「現代に住む主人公が異世界へ迷い込んじゃった☆」系ではないです。
最初から最後まで異世界です。
世界観には割と抵抗なく溶け込めました。設定はかなりしっかりしていると思います。

挿絵がないので、見たことがない世界を文字だけで想像しながら読みすすめることになります。

これがまた情景の表現が巧みだからでしょうね、私の頭の中では主人公から世界観まで「こんな感じだろう」と想像できました。
きっと読んだ方みんながそうなのだと思います。


文字を読んでいるはずなのに、頭の中では映像が自然に繰り広げられているような不思議な感覚になりました。(私の場合は完全アニメーションでしたが)

しかも頭の中の主人公達の躍動感ったらハンパないです。


サクサク読み進めることが出来るので、気になった方はぜひ読んでみるといいと思います。
ストーリーにかなり引き込まれますよ。
私は感情が揺さぶられて、読みながら涙目になってしまいました。
マクドナルドで読んでたのでちょっと恥ずかしかった…。

ちなみにこの小説は「守り人シリーズ」というものらしく、シリーズ化しているそうです。
私は早速明日から次の本を読むつもりでいます。(もう手元にある)
いやぁ、楽しみだなぁ~(*^o^*)

家計管理・貯蓄ランキング  




にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

読書感想文書き方ドリル 2016 [ 大竹 稽 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2016/8/16時点)


カテゴリ
タグ

関連記事(一部広告含む)


Copyright © まろの生活ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます