2015年08月の記事一覧

夫婦の貯金・家計簿と日々のアレコレ。節約に効く方法を模索中。

スポンサーリンク

月別アーカイブ:2015年08月

  • 2015/08/31日記

    先日、義理実家の法事(葬儀)に初めて参加してきました。私が住んでいる場所は割と都会に近い場所で昔ながらの慣習を私はあまり知らなかったのですが、田舎の方は都会と比べて1から10まで法事をしっかりやってました。「こんなことやるんだ・・・」という驚きの連続です。(単に私が世間知らずなだけかも)ちなみに日本の端っこで、南の方です。精進料理は徹底して続けるし、お坊さんは毎日来るし(初七日まで)、目が回るほど...

    記事を読む

  • 2015/08/30日記

    私の専業主婦歴も3ヶ月ほどになりました(*'ω'*)その間わたしが何をしていたかというと・・・・・ブログ書く(これはもう習慣化してる。パートに出たら頻度下がるかも)・ドラクエ4をやる・小説を読む・保育士の勉強・Youtubeでお笑い動画を見る(よく見るのはコロッケのものまね)・寝る・ほどほどの家事・・・これだけです。「パート辞めて専業主婦になったよーー!」と知り合いに言うと、わたしの事情を知らない人の半分くらい...

    記事を読む

  • 2015/08/27読書感想文

    先日姉と会った時、ある小説を渡されました。頼んでもいないのに「面白いよ」と無理やり貸してくれたのです。その本は上橋菜穂子さんという作家さんが書いた「精霊の守り人」という小説でした。何も知らない(小説に疎い)私は「これって、どんなジャンルの本?」と聞くと、「ファンタジー小説。ゲーム好きな人にはピッタリの小説だと思うよ。」とのこと。姉がファンタジー小説を読むなんて珍しいです。いつも堅苦しい本ばかり読んで...

    記事を読む

  • 2015/08/26お金関係

    私が普段気を付けていることの1つです。「スマホゲームはやらないようにしています」正確にはお金にならないスマホゲームはやらないってこと。最近CMではパズドラやらモンストやら城とドラゴンやら、「スマホ買ったならゲームやれ」といわんばかりに猛プッシュしています。ゲームをやることが目的の1つでスマホを買ってもらいたいというお子さんも最近は多いのでしょうか。私は昔テレビゲームを両親に買ってもらえず、攻略本を買...

    記事を読む

  • 2015/08/25日記

    やりたいと思ったことがあったのに、忘れてしまって結局出来なかった…なんて経験はありませんか?例えば「キャビアを食べてみたい」とか「花火大会に行きたい」とか身近なことは、壮大な夢よりは霞やすく忘れてしまいがちなんじゃないかと思うのです。身近なことでもやりたいと思っていたことが叶う瞬間って、すっごく嬉しいんですよね(*^o^*)あなたにも経験があるはず☆人生短いから、やりたいと思うことは実行していって実りのあ...

    記事を読む

  • 2015/08/15日記

    自分で言うのも何ですが、私はフットワークが軽い方だと思います。他人を巻き込むことは苦手ですが、自分一人でなら「行きたい」と思ったところに休みが出来たら行くようにしています。「やりたい」と思ったことは実行するようにしています。フットワークは軽い方がいい。そこで新たな知り合いが出来るかもしれないし、興味の幅も広がるから。今までの点がつながって新しいやりたいことが見つかるかもしれない。気になることがあれ...

    記事を読む

  • 2015/08/12ブログ運営

    私は本名を使わずにハンドルネームでブログを書いているわけですが、自分が何を考えているのか本音のままに書いてしまっているので実際に接する人達にはどうしてもバレたくないという気持ちがあります。「へ~この人、こんなこと考えてるんだ」とか顔見知りの人に知られたくないんですよ。友人に日記帳読まれてるみたいで、恥ずかしくて耐えられなくなっちゃいます。発信はしたいけど、特定はされたくないのです。さて本題。「ブロ...

    記事を読む

  • 2015/08/11妊活・マタニティーライフ

    早いもので、流産をしてから1年が過ぎようとしています。そこからどんな気持ちの変化があったのか書こうとおもうのですが、まずは1年前の話をさせてください。私が経験したのは、お腹の中で胎児の成長が止まってしまう「稽留流産」というものでした。先生いわくお腹の子は週数に比べて成長が遅いとのことだったので、嫌な予感はありました。結果的に9週目に入るころに成長が止まってしまい、摘出手術をすることになったわけです...

    記事を読む

  • 2015/08/09日記

    今日も掃除機かけちゃおっかな~♪・・・とルンルンで掃除にとりかかるとお部屋のなかの至る所で見つかるものがある。それは100円ライター(;´Д`)夫はタバコを吸う人で、コンビニ等でよくライターを買ってるらしい。家の中には色とりどりのライターが・・・!!オイルは全部中途半端で数えたら15個ありました。こんなにいらないだろーーー!!!怒というか、なんでライターが床に落ちてるねん。たぶん家具どかしたらスキマから...

    記事を読む

  • 2015/08/05パート

    パートに応募したものの、電話がこない~!と嘆いていた昨日でしたが安心してください電話、ちゃんときましたよ!!折り返しかけたら個人のお宅でびっくりしましたがオープニングでまだお店できてないもんね。えーと、結果ですが条件が合わなかったのでキャンセルさせて頂きました。チーン。応募先は雑貨屋さんでした。夜は21時まで営業するらしいのですが、スタッフの人数が少ないので夜まで働いてもらうことも出てきてしまうとの...

    記事を読む

ド田舎の法事に参加して思ったこと

a0070_000072.jpg
先日、義理実家の法事(葬儀)に初めて参加してきました。

私が住んでいる場所は割と都会に近い場所で昔ながらの慣習を私はあまり知らなかったのですが、田舎の方は都会と比べて1から10まで法事をしっかりやってました。
こんなことやるんだ・・・」という驚きの連続です。
(単に私が世間知らずなだけかも
ちなみに日本の端っこで、南の方です。

精進料理は徹底して続けるし、お坊さんは毎日来るし(初七日まで)、
目が回るほどつぎつぎといろんなことが起こって最後にはヘトヘトになってしまった

うちは夫が長男なので、いずれはこれをまたやらないといけないんだな・・・と思うとめまいがする。
お義父さんお義母さん長生きしてください、まじで頼みます





義理実家の行事に参加して再認識したのは、「わたし・・・嫁いだんだな。」っていうこと。
何をいまさら!!って感じですが、わかってるようでわかってなかった。
盆と正月に帰省するくらいじゃわからないインパクトが法事にはありました。

遠く離れて暮らしていると感じにくい「一族のつながり」的なものを見たからでしょうか。
そしてそこに自分がポンと参加している違和感。
しかも長男の嫁っていうことで結構重要な感じで扱われてるよォ~っていう戸惑い。

自分の実家が近くにあるので今まで感じてきませんでしたが、
私は完全に「夫の親族側の人」なんだなと、改めて思ったわけです。

そして同時にちょっと寂しくなったよ・・・。

あぁ~、これについては先のことを考えるとどう考えてもイイコトないから
あんまり考えないようにしよう!!!

尻切れトンボですが、今日はこれまで

家計管理・貯蓄ランキング

最後にひとこと : 義理実家の田んぼ&畑広すぎぃ~!

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
カテゴリ
タグ

「専業主婦って一日何して過ごすの」という質問が多すぎる。もうその質問は飽きました。

a0001_008834.jpg
私の専業主婦歴も3ヶ月ほどになりました(*'ω'*)
その間わたしが何をしていたかというと・・・・

・ブログ書く(これはもう習慣化してる。パートに出たら頻度下がるかも)
・ドラクエ4をやる
・小説を読む
・保育士の勉強
・Youtubeでお笑い動画を見る(よく見るのはコロッケのものまね)
・寝る
・ほどほどの家事

・・・これだけです。


パート辞めて専業主婦になったよーー!」と知り合いに言うと、
わたしの事情を知らない人の半分くらいは、「暇じゃない?一日なにしてるの?」と聞きます

まぁたこの質問なのかよ!!


と内心思いますが、毎回ちゃんと答えてますよ!
家事やった後はドラクエやってる」って馬鹿正直に答えてます
そしたら大体はそれ以上突っ込んできませんので、この話は終了になります。
ある意味便利かもしれません
ドラクエといってもクリアまでのプレイ時間が60時間超えるものもありますからね。
ちゃんとやろうと思ったら大変ですよ。

いや、流石に義理親戚に聞かれたときはちゃんとそれなりに答えてますよ。
「○○くんのおかげでゆっくり過ごさせてもらってます~」とか。あれ、これなんかちょっと嫌味っぽい?


でもあれですね、質問してくる人は「こんにちは」の次の「いいお天気ね」みたいな挨拶ばりにブッコンでくるもんなんですね。
1人じゃなくてたくさんの人から聞かれるので、これがきっと彼らの習慣みたいなもんなのでしょうか。


「こんにちは」 → 「いいお天気ね」
「専業主婦です」 → 「一日何やってるの?」  この流れ!


時間だけはたくさんあるから、何か特別なことをやってるんじゃないか・・・という期待を持ってる人もなかにはいると思うんです。
その方たちの期待には一切答えられないです。すみません。
「ドラクエやってる」「寝てる」なんて、夢がないわね。(ある意味夢しかないけど

友人のほとんどが働いてるっていうなかで私は珍しいのかもしれないが、
年頃の女性が働いてるのが当たり前だと思うなよ!と言わせていただく(*'ω'*)


「何やってるの?」と聞かれた時に「私はこれをやってる!」と胸張って言える何かがあればいいんですが、それが特にない状態だと答えるたびになんだか自虐的になってくる感じがします。
私なんてこんなもんだよ~ハハハ・・・みたいな。
誰にも批判される理由なんてないんですよ?
しょんぼりする理由なんてない。


でもなんだか自分で自分に「稼いでない負い目」みたいなものを感じてしまう。
周りから「(働かないで)何やってるの?」と聞かれると、さらにそれが倍増してしまう。

「私には私の生き方がある、ほっといてくれ」と思ったりもしますが、これも専業主婦にとっては大事なコミュニケーションのきっかけなんだと思うのです。
相手は別に悪意があって聞いているわけではない(と思いたい)し、
1人で家にいる時間が多いと、話す相手がいるだけでもありがたい気もする(*'ω'*)

負い目みたいなものを感じてしまうのは、自分が専業主婦に向いていないっていうか
考え方がまだ「働くことに未練がある」っていう方に傾いているんだろうなぁ。

今日はそんなことを考えておりました。
ではまた

家計管理・貯蓄ランキング




にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
カテゴリ
タグ

小説「精霊の守り人」が予想以上に面白かった

a1180_008903.jpg

先日姉と会った時、ある小説を渡されました。
頼んでもいないのに「面白いよ」と無理やり貸してくれたのです。



その本は上橋菜穂子さんという作家さんが書いた「精霊の守り人」という小説でした。

何も知らない(小説に疎い)私は「これって、どんなジャンルの本?」と聞くと、
「ファンタジー小説。ゲーム好きな人にはピッタリの小説だと思うよ。」とのこと。
姉がファンタジー小説を読むなんて珍しいです。
いつも堅苦しい本ばかり読んでるのに。

そこまで勧めてくれるなら、きっと面白い作品なんだろうと思ったね。


最初はなかなか本を読む気になれなくて1ヶ月ほど放置してしまったのですが、姉と再び会った時に「そういや、あの本(精霊の守り人)読んだ?」という話になったので、これは読まないと申し訳ないという思いで読みはじめたのです。

率直な感想は、
なんだこれ…むちゃくちゃ想像力をかきたてられて面白いじゃん!…でした。

読みはじめたら止まらなくなってしまい、結局2日で読み終わってしまいました
読書を中断した時にこれほど続きが気になった本は初めてかもしれません。

この小説はファンタジー小説であり、同時に児童文学書なのだそうです。
しかしあなどるなかれ、児童から大人まで幅広く楽しめます。


内容に全然触れていませんが、先入観なしで読んだ方が楽しめると思うので言いません(おい)

一つ驚いたことは、主人公が30歳の女用心棒ということです。
ファンタジー小説は少年少女が主人公という私の固定観念を見事にぶち壊してくれました。もちろんいい方に。
歳が近い分、より楽しめたのかもしれません。
色々経験して実力もあるのだけど、どこか影があるような主人公に惹かれてしまいました。

また、この小説は完全なファンタジーです。
言い方が変かもしれませんが、よくある「現代に住む主人公が異世界へ迷い込んじゃった☆」系ではないです。
最初から最後まで異世界です。
世界観には割と抵抗なく溶け込めました。設定はかなりしっかりしていると思います。

挿絵がないので、見たことがない世界を文字だけで想像しながら読みすすめることになります。

これがまた情景の表現が巧みだからでしょうね、私の頭の中では主人公から世界観まで「こんな感じだろう」と想像できました。
きっと読んだ方みんながそうなのだと思います。


文字を読んでいるはずなのに、頭の中では映像が自然に繰り広げられているような不思議な感覚になりました。(私の場合は完全アニメーションでしたが)

しかも頭の中の主人公達の躍動感ったらハンパないです。


サクサク読み進めることが出来るので、気になった方はぜひ読んでみるといいと思います。
ストーリーにかなり引き込まれますよ。
私は感情が揺さぶられて、読みながら涙目になってしまいました。
マクドナルドで読んでたのでちょっと恥ずかしかった…。

ちなみにこの小説は「守り人シリーズ」というものらしく、シリーズ化しているそうです。
私は早速明日から次の本を読むつもりでいます。(もう手元にある)
いやぁ、楽しみだなぁ~(*^o^*)

家計管理・貯蓄ランキング  




にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

読書感想文書き方ドリル 2016 [ 大竹 稽 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2016/8/16時点)


カテゴリ
タグ

お金にならないスマホゲームには手を出さない

a0002_006453.jpg
私が普段気を付けていることの1つです。

スマホゲームはやらないようにしています

正確にはお金にならないスマホゲームはやらないってこと。

最近CMではパズドラやらモンストやら城とドラゴンやら、「スマホ買ったならゲームやれ」といわんばかりに猛プッシュしています。
ゲームをやることが目的の1つでスマホを買ってもらいたいというお子さんも最近は多いのでしょうか。
私は昔テレビゲームを両親に買ってもらえず、攻略本を買ってもらってそれを読んでプレイしたような気分を味わっていたような人なので、気持ちはなんとなくわかります。


でもスマホゲームって恐ろしいと思いますよ。
一番やっかいなのは、「終わりがない」ということだと思うんです。
運営側がアップデートを繰り返していけば、ある意味無限に楽しめます。

「こいつを倒せば全クリだ!」という明確な終わりがないって、怖くないですか。
ずっと楽しめるとかいう楽しい感じじゃなくて、気づいたら義務感みたいな感じで続けてしまうってこと。
ここまで頑張って続けたんだから、せっかくなら続きもやりたいっていう気持ちを利用してますよね。
私の友人なんか、そうでした。

「○○時からイベント発生するから、ちょっとゲームやらせて」とか
「私がいないと皆に迷惑がかかるから・・・(ゲームやらせて)」とか言ってました。

結局スマホでポチポチ・・・。
あぁ、せっかく会えたのに全然楽しくない。


友人夫婦もそう、2人してパズドラにハマっているみたいで会話なくひたすらパズドラをやり続けている姿はちょっと怖かった・・・。家でもそうらしいけど。

ゲームに人間関係が絡むと非常にやっかいなものになると感じます。
ゲーム以外に気になることが増えちゃうんですよ。
「あの人いるかな?」とか「バトルに参加しないと」とか。

確かにネットゲームって他のプレイヤーと交流できたりして、楽しいんですよね。
私も某ネットゲームに半年くらいハマってた時期があるのでなんとなくわかります。
人が関わると中毒性が増すのがやっかいだね。


そして二番目にやっかいなのが「課金制度」です。
無料でプレイできるけど、課金するとアイテムが手に入るよとかそんなやつ。
大っ嫌いです、課金システム。糞くらえって思います。(言葉が汚くてすみません

たとえ課金で服の色が変わるとかそんなショボイ内容でも、プレイヤーはいつも平等でいてほしいと思ってしまうのです。
時間をかけて頑張った人が強くなれる制度でいてほしいです。
弱みにつけこんで金払わそうとする制度は好きじゃないです。

私自身テレビゲームが大好きで今もやってますが、ゲーム専用機でしかやりません。
物語を楽しむのが好きなので、1人でもくもくとプレイしてます
エンドロールまで楽しむよたまに感動してプレイしながら泣くよ

一度、スマホで「クロノトリガー」をダウンロードしたことがありますが(1000円以上かかった)、操作性が悪くて投げましたスマホのゲームって、やりづらくない??
私には合わないわぁ・・・。

家計管理・貯蓄ランキング




にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
カテゴリ
タグ

「今年やりたい12のこと」というアプリを使っています

やりたいと思ったことがあったのに、忘れてしまって結局出来なかった…なんて経験はありませんか?

例えば「キャビアを食べてみたい」とか「花火大会に行きたい」とか身近なことは、壮大な夢よりは霞やすく忘れてしまいがちなんじゃないかと思うのです。


身近なことでもやりたいと思っていたことが叶う瞬間って、すっごく嬉しいんですよね(*^o^*)
あなたにも経験があるはず☆

人生短いから、やりたいと思うことは実行していって実りのある人生にしたいなとよく思います。


…といっても忘れやすいのが人間。


やりたい!と思った時の気持ちを維持できれば苦労しないけど、難しいよね

忘れないようにする手段として、私はスマホアプリ「今年やりたい12のこと」というアプリを使っています。


このアプリは、やりたいことを12個書き留めることが出来ます。主な機能はこれだけです。超シンプル。

それを見ることで、「あぁ、私はこれをやろうと思ったんだった」と思い出すことができます。


”今年やりたいこと”ってタイトルのアプリですが、私は今年に限らずに「やりたい」「達成したい」と思ったことは気軽に書いてます。


ちなみに今のわたしのリストは…




なんだかボヤ~っとした内容が多いですね;^_^A
もともと人に見せるために書いてないので、いやーちょっと恥ずかしい。

何をやればいいかわからない状態が自分的にはストレスが溜まりやすくなるので、やることを示してくれる目安としてこのアプリを使うことが多いように思います。
実際に達成できたことは、「英語を再勉強して英検2級に受かる」「TOEICを受ける(受けるだけ;^_^A)」くらいです。

このアプリに限らず、これやりたいな~!っていう気持ちが芽生えたら、ぜひノート等に書き留めておくと良いと思いますよ☆

家計管理・貯蓄ランキング




にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
カテゴリ
タグ

フットワークは軽い方が得だよねという話

a1380_001681.jpg
自分で言うのも何ですが、私はフットワークが軽い方だと思います。

他人を巻き込むことは苦手ですが、自分一人でなら「行きたい」と思ったところに休みが出来たら行くようにしています。
「やりたい」と思ったことは実行するようにしています。


フットワークは軽い方がいい。

そこで新たな知り合いが出来るかもしれないし、興味の幅も広がるから。
今までの点がつながって新しいやりたいことが見つかるかもしれない。


気になることがあれば、チャレンジするといいと思います。


好きだから、やりたい」という気持ちがあれば、何をやるにも遅すぎることはないと思うのです。


私が以前働いていたパート先は、平均年齢20歳でした。若いアルバイトさんばかり。


そこは学生の時に働きたいと思っていた場所で、学生時代は部活動が忙しく断念した場所でした。


その時私は30歳近くでしたから、周りより一回り上という環境。
ジェネレーションギャップ感じまくりで、最初は「ちょっと場違いだったかしら」と思いました。


しかし自分から歩み寄ってみると、みんな気さくに話かけてくれるようになり、結果的にとても楽しく働くことが出来ました。
社員さんの話だと、自分はみんなのお姉さん的存在だったと聞きます。


やりたい気持ちがあって自分で選んだものなら、何事も遅すぎることはないと強く感じました。

それと同時に、自分の思い込みでブレーキをかけていたことに気づきました。


「やってよかった」
「楽しかった」


その気持ちが次のチャレンジの原動力になるんだと思います。


思い返せば、自分の今までの人生は迷ってばかり。


大学で4年かけて教職をとったけれどその道に進まず、新卒で入社した会社は数年で辞めました。

特別なスキルもなく、中途半端なキャリアは今後何の役にも立たないのかもしれない。(同じ職種につかない限り)


でもそこで学んだことは自分のなかに蓄積されていて、そこで出会ってきた人達から意見を聞くことが出来るようになりました。


人の影響とは不思議なもので、エネルギッシュな人と一緒にいるとまるで自分まで活き活きと生きられるような気持ちにさせてくれます。


自分の中の「陰と陽」のスイッチをパーン!と切り替えてくれるような影響を人から受けることも多いのです。


自分が陰の状態にずっといるなと気付いたら、明るい陽の影響を与えてくれる人が多くいる場所に出かけていくといいと思います。

私の場合はそれがフラ教室です。
笑顔で楽しそうに踊る中年のおばさま達を見ていると、自分まで幸せな気分になります。

世の中出会いがない•楽しいことがないと嘆いている人が多いですが、とにかくフットワーク軽く動いてみるのがいいんじゃないかと思います。
自分の場合は頭より先に身体が動いてしまうタイプなので、若干気をつけないとなと思うところもあるのですが(~_~;)
すぐ実行できる人の方が巡ってくるチャンスは多いですね。

家計管理・貯蓄ランキング  




にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
カテゴリ
タグ

匿名ブロガーにとって最も恐ろしいこと。ブログが知り合いにバレてしまったことはありますか。

a0001_012465.jpg
私は本名を使わずにハンドルネームでブログを書いているわけですが、
自分が何を考えているのか本音のままに書いてしまっているので
実際に接する人達にはどうしてもバレたくないという気持ちがあります。

「へ~この人、こんなこと考えてるんだ」とか
顔見知りの人に知られたくないんですよ。
友人に日記帳読まれてるみたいで、恥ずかしくて耐えられなくなっちゃいます。

発信はしたいけど、特定はされたくないのです。


さて本題。

ブログが知り合いにバレてしまったことはありますか?


私は、あります。



正確にいうとブログではなく、「ホームページ」というやつです。
私が学生の時。
部活の後輩にバレました。


私が学生だった当時は個人ホームページの最盛期でした。
「○○のホームページ」というのがゴロゴロあって、今考えると無駄なエンターページやら
カウンターのキリ番、工事中のコンテンツ、ハーボット、誰が書き込むんだかわからないBBSの数々。
メモ帳で打ち込んで作ったり、gaiaxなどの簡単ホームページなども利用してました。

今見たらきっと凄くダサいホームページなんですけど、作ってる本人は真剣でしたよ。


私が当時作っていたのは「部活動の交流サイト」でした。
私は管理人ってことで、自分の部活の活動内容とか、今までの記録を書いてたのです。

学校名を出したわけではないですが見る人が見ればわかるようで、開設してから半年経った頃にバレました。
しかも同じ部活の後輩に・・・!!( ;∀;)

私が所属していた部活はとにかく人数が多くて、後輩の名前を把握することもできないくらいでした。
バレてしまった後輩とは今まで一度も話したことがなく、名前も把握できていない子でした(おい)


その瞬間は唐突にやってきた
部活中に向こうから話しかけられたんですよね。


~部活の練習中~

後輩「まろ先輩、ホームページやってますよね???

私 「え・・・(理解できていない)、えーと、あぁ・・・。うん、あ、あれのことかぁ~。」(超しどろもどろ)

後輩「いつも見てます!!更新頑張ってくださいね!

そう言って去っていく後輩・・・・。



もう、頭のなかパニックになっちゃったよね。

ネットと私生活は完全に切り離して考えていたけど、そこで急に知り合いが見てたっていうことでガチーン!とネットと現実が変な風に繋がっちゃった感じ。
ホームページのなかには「ブログ」のような役割の「日記風のBBS」もあったりして、当時から頭の中ダダ漏れだったのです。

そこには「今までの先輩たちみたいに上手くできない、何が違うんだろう・・・」的な悩みも書いてあったりして、もう穴があったら入りたい!!!という気持ちになりました。


その日の夜、ホームページを削除しました。


身内に見られてるってわかってるのに更新なんか出来るかいっ!( `ー´)ノ



・・・ということがあったので、私は身内バレに気を付けてブログを書いてます。
もし急にこのブログがなくなってしまったとしたら、そういうことだと思って頂いてかまいません。

でも、できるだけ長く続けたいのよね
ブログ、書くのも読むのも大好きですからー!!

なので気付いてしまった方がいたとしても、なるべく私に知らせないでくださいね
ハハッ

家計管理・貯蓄ランキング




にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
カテゴリ
タグ

流産にまつわる気持ちの整理

a0960_006792.jpg
早いもので、流産をしてから1年が過ぎようとしています。

そこからどんな気持ちの変化があったのか書こうとおもうのですが、
まずは1年前の話をさせてください。


私が経験したのは、お腹の中で胎児の成長が止まってしまう「稽留流産」というものでした。
先生いわくお腹の子は週数に比べて成長が遅いとのことだったので、嫌な予感はありました。
結果的に9週目に入るころに成長が止まってしまい、摘出手術をすることになったわけです。

9週目でしたが、大きさとしては6週目くらいの成長しかできませんでした。
エコーの写真は1枚しかなく、ピコピコ動いていた心臓を見たのは私1人だけでした。


「心拍が止まってます。死んでしまっている状態ですね・・・」
「看護師から手術の説明を聞いてください」


そう告げられた時の私は放心状態で、一体何が起こったのか理解ができなかった。
「こんなことあるんだ・・・なんかドラマの世界みたいだ。」と思った。
私は悲劇のヒロインなのかしらと。


それでも看護師さんから具体的な手術の説明を聞いていると、これが現実なんだと理解してくるようになる。
看護師さんは淡々と説明をしてくれてるけど、内容なんて全然頭に入ってこない。
私の目は泳いで泳いで泳ぎまくって、そのうち涙が溢れて、ついでに鼻水たらして泣いた。


夫に電話するも、仕事中で繋がらなかったので帰宅した夜に伝えることに。
夫は冷静そうに見えた。「そっか・・・だめだったか」
私は夫の横で静かに泣いてた。


手術の日程は3日後となったのですが、その間もまぁ辛かった。

妊娠による身体の変化はしっかりあるのに、結果は実らない虚しさ。
もしかしたら自然に出てしまうかもしれない。
ていうか手術こわい。

そんなことを考えながら仕事の調整もしなければいけなくて、自分の代わりに出勤してくれる人を探した。
友人との予定もキャンセルすることになり、「理由をどうしようか」と悩んだりもした。

手術の日までは泣きっぱなしだった。
ご飯を作ったりはしていたと思うんだけど、そのあたりは記憶がないです。


手術当日、とても冷静でした。
待合室にお腹の大きな妊婦さんがいても、何も思わない。
夫とアホな冗談を言い合えるくらいだった。


あれ、意外と平気じゃないか。
もっと取り乱すかと思ったのに、今日は一度も泣いてない。
わが子とさよならなのに何も思わないなんて、自分って冷たいなぁ。
そう思った。


手術が無事に終わり、一定期間飲み薬を飲むことになった。
一週間ほどは安静に過ごしていたような気がする。


手術の翌日から体温がガクッと下がった。
夫は仕事なので、部屋に1人。
1人でいると、「どうしてダメになってしまったんだろう」
そのことばかり考えてたように思う。

一度泣きだしてしまうと止まらず、どんどん悲しい方に引っ張られる。
時には小田和正の「たしかなこと」を聞きながら泣いたりした。


妊娠をきっかけに仕事と趣味の教室をやめてしまった私は
「失敗したなぁ・・・」とあとでとても後悔した。


子どものためと思って辞めることを選んだのに、結局何も残らなかったから。


「自分には何もなくなってしまった。」そう感じながら半年を過ごした。
今までの貯金を切り崩しながら、自分の好きなことをやって過ごしてたかな。


その間に仲のいい友人の何人かに、今までのことを話したりした。
話を聞いてくれて「大変だったね」「悲しかったね」と共感してくれるだけで、ちょっとだけ救われたような気分になった。

でも、話す相手を間違えてしまうと大変だ。
友人から「流産は繰り返すっていうから気を付けて」と言われた時は、どんな反応をすればいいかわからなかったから。
(実際、2回目もダメだった時には「だから言ったじゃない」と言われてしまった。)


自分の体調が回復してくると、今までどおり学生時代の友人の集まりに参加することも増えてくる。
順調に妊娠経過をたどっている友人もいるわけで、その友人と会う時はちょっと心穏やかではなかったな。


半年たっても、たまにふと悲しくなって泣くことがあった。


同年代で流産を経験した人が身近にいなかったので、同じ経験者同士で気持ちを分かち合うこともできない。
そんなときはネットの検索に助けられてました。
助けられてましたっていうか、今もそうです。


1年たって頻度は減ってきたけれど、今でも悲しい気持ちになる時はあるし、思い出して泣きたくなるような時もあります。
初期流産でさえ、こうなんです。
もっと週数が進んでいたら、私は経験していないのでわからないですが、おそらくもっと辛い思いをしていたんじゃないかなと思います。


何事もそうなのかもしれないけど、周りの人に話したとしても、「結局は経験した人にしかわからない」。
そんな漠然としたどうしようもない気持ちはずっとありました。
ちょっとやさぐれてた感じですね。


私の1年間の気持ちの変化はこんな感じです。


長くなりましたが、この辺で終わります。

家計管理・貯蓄ランキング 



にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

日々増えていく、夫のアレ・・・勘弁してほしいわ。

a0001_003751.jpg
今日も掃除機かけちゃおっかな~♪
・・・とルンルンで掃除にとりかかると

お部屋のなかの至る所で見つかるものがある。


それは100円ライター(;´Д`)


夫はタバコを吸う人で、コンビニ等でよくライターを買ってるらしい。
家の中には色とりどりのライターが・・・!!

オイルは全部中途半端で数えたら15個ありました。


こんなにいらないだろーーー!!!怒
というか、なんでライターが床に落ちてるねん。

たぶん家具どかしたらスキマからライター出てくると思われ。

あとあれだ、洗濯しようとしたズボンのポッケにライター入ってると、
「イラッ☆」っとするんだよね。


私はタバコ嫌いで夫にもやめてほしいな~と思っている人なので、
尚更ムキーーーッ!!!ってなる。


しかし何より
100円ライターでこんなに怒っている自分がいることがイヤ。
というかなんだか恥ずかしい。
お金払ってるのにイライラまで買ってるこの状況。


100円ライターが増えていくことがプチストレスになっている自分。
ほんといい加減にしてほしいわ~。

家計管理・貯蓄ランキング 




にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
カテゴリ
タグ

久々のパート応募はあっけなく終了。主婦にとっては夜働く条件はキツい。

パートに応募したものの、
電話がこない~!と嘆いていた昨日でしたが

安心してください
電話、ちゃんときましたよ!!

折り返しかけたら個人のお宅でびっくりしましたが
オープニングでまだお店できてないもんね。


えーと、結果ですが
条件が合わなかったのでキャンセルさせて頂きました。


チーン。



応募先は雑貨屋さんでした。
夜は21時まで営業するらしいのですが、スタッフの人数が少ないので
夜まで働いてもらうことも出てきてしまうとのこと。

やりたかったけど、家事と両立するには難しい勤務時間でした。
夫は家事全般できないし夕飯も作れないので、期待はできません。
時給900円のために夫にそこまで求めるのも違うと思っちゃうんですよね。


申し訳ないですが、キャンセルです

くぅ~、なんだか独身の頃とくらべて自分の働ける幅が狭まっていて、世界が狭く感じる!!!
専業主婦で時間だけはあるんだから、この昼間の時間を使ってできることはたくさんあると思うのよね。
なにかやりたい。やりたいぞ。


靴屋で働いていた時も思ったけど、販売系って飲食と違ってスタッフ少ないよね・・・。
その時は1店舗を4人で回していました。
募集の雑貨屋さんもパートさん4人で回すって言ってたし。

気軽にシフト入れる仕事って、販売系だと難しいのかな。


今回は残念でした
また気になる求人があったら応募してみようっと!





にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
カテゴリ
タグ

関連記事(一部広告含む)


スポンサーリンク
Copyright © ふたり暮らしの貯金生活 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます