カテゴリ:お出かけ・レジャー

生後9ヶ月の赤ちゃん連れでサンリオピューロランドに行ってきた

先日友達と娘と一緒にサンリオピューロランドに行ってきました!

娘は生後9ヶ月で正直まだ早いかなと思いましたが、せっかくお誘いいただいたので思い切って行ってきちゃいました(*'ω'*)

結論としては、まだ歩けない赤ちゃん連れでもピューロランドは楽しめました!
主に大人が・・・ですが(笑)


行くまではちょっと不安だったんですよ

赤ちゃん連れで行っても大丈夫なの?
どうやって楽しめばいいの?


という疑問がワラワラと。

そこで今日は私が実際に行ってみてどうだったか、どんなコースを回ったかをアドバイス付きで書いていこうと思います

これから赤ちゃん連れで行こうと思っている方の参考になれば幸いです。

» 記事の続きを読む

タグ

横浜中華街に行ったら「秀味園」の500円ルーローハン(魯肉飯)を食べるべし!優しい味でコスパ抜群だよ

週末を使って横浜中華街に行ってきましたー!

お天気が非常に良く、歩いているだけで汗がダラダラと流れるくらいの気候

言い方を変えれば「行楽日和」ということで、家族で楽しんできましたよ(*´▽`*)

さて、私達は何のために中華街に来たのかというと・・・!?

バーン!こちらです


横浜中華街にある「秀味園(しゅうみえん)」というお店のルーローハンを食べるためであります

先日テレビ番組で特集されていたのを見てから気になっていたのですが

なんとこちらのお肉・卵・そぼろ・高菜(かな?)がのった台湾料理ルーローハンが

500円(税抜)で食べられるそうなんです\(◎o◎)/

これは行くしかないでしょう!

» 記事の続きを読む

タグ

兼六園に行ってきました。金沢駅からバスのアクセスが便利です。



先日、石川県の金沢に行ってきました。
いまは北陸新幹線が通っているので金沢に行くのは本当に便利になりましたね。

東京駅から乗って2時間半ほどで金沢に着いちゃいます(*'ω'*)


こ、これが有名なねじねじの門・・・!(正式名称は鼓門(つづみもん)というそうです)
まわりには観光客が多くいて、みんなここから写真を撮っていました。


さて、今回の目的は兼六園に行くことです。


金沢駅からどうやって兼六園に行くかというと、バスで行くことしました。
というか、金沢駅周辺ではバスが便利すぎて他の選択肢は考えられませんでした。


私は「北鉄バス 1日フリー乗車券」というものを使いました。
バス案内所で500円で買うことができて、フリー乗車エリアで乗り放題のチケットです。



普通に乗ると1回200円の運賃です。
3回乗ればそれだけでもとが取れるという良心的な乗車券ですね。

まわりの観光客を見ていると、このフリー乗車券を使っている方が多いように感じました。
観光客はアジア系の外国の方がとても多い(;'∀')国内旅行に来たのに海外ばりに外国人がおりました。



左のパンフレットは1日フリー乗車券を買った時にもらいました。
バスのルートと時刻表が載っています。便利です。


金沢駅のバスターミナルはどこどこ方面とでっかく書いてあるのでとてもわかりやすいです。
観光用の周遊バスやシャトルに乗りたかったのですが、ちょうど来たのが路線バスだったのでそれに乗り込むことに。(路線バスもフリー乗車券で乗れる)


バス停の名前が周遊バスとは違っていたのでちょっと焦ったけど、ちゃんと着きました。


兼六園に到着です~!


寒い時期に行ったのですが、まだ雪は降っていませんでした。
そのかわりに小雨が・・・降っておりました。


入場料310円を払って入場します。




有名な徽軫灯籠(ことじとうろう)です。

兼六園といえばこの風景ではないでしょうか。足が二股になってるんですね。

この周りには写真を撮りたい観光客がたくさんいて、ゆっくり写真をとる時間がありませんでした(;'∀')


反対側では街を見下ろすことが出来てそちらも絶景でした。兼六園は高台にあるんですね。
高い建物がないので景色が広く感じます。





雪に備えて雪つりがされていました。
ここに雪が降ったらさぞかし美しいんでしょうね。



こちらは明治紀念之標(めいじきねんのひょう)というもの。
この像はヤマトタケルの像で、まわりに石碑があってそれは西南戦争で戦死した軍人の霊を慰めるものなんだそうです。



いたるところに水路や池があります。
水が流れる音がよく聞こえる場所もあり、それを聞きながら木々やコケのなかを歩くのはとても清々しい気持ちになりますよ。


もし私がご近所に住んでいたら毎日散歩したいくらいです。





風情がありますねぇ
水面に景色が映っているのがとても綺麗でした。

紅葉の季節にきても良さそうですね。






この噴水の高さは池の水位によって変わるんだとか。
日本最古といわれている噴水だそうです。


だいたい30分くらい歩いて景色を堪能できました(*'ω'*)
私は早い方だったと思うので、全部巡れば40~50分はかかるのではと思います。


兼六園を出たあとは、「武家屋敷跡」と「近江町市場」と「ひがし茶屋街」に行きました。
いずれもフリー乗車券が大活躍で、1日で何回乗ったのか覚えていないくらい活用させてもらいました(;'∀')



バスは路線バスと周遊バスが出ているので本数が多く、金沢駅行きのバスに乗ろうとしたら待機のバスがズラっと並んでいてほとんど待つことなく乗ることが出来ました。


兼六園前で多少待つことがあったのですが、バス停で「あと何分でバスが来ます」という案内表示があってとても親切。
進化してるなぁ!


これで500円なんて素敵すぎる~!
また金沢に行くときもきっと利用させてもらうことでしょう。

次は紅葉の時期に行きたいなぁ(*'ω'*)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

北陸・金沢(’17)
価格:972円(税込、送料無料) (2017/1/5時点)


タグ

お花見九兵衛でまったり温泉2人旅【石川県 山中温泉】


紅葉のピークを過ぎて寒くなってきた今日この頃。いかがお過ごしでしょうか。
私は週末を使って、石川県加賀市にある「お花見九兵衛」というお宿に泊まってきました。
パッと聞くと居酒屋みたいな名前ですが、楽天トラベルで数々の賞を受賞している立派な人気宿なんですよ。


今回は友達と一緒の温泉旅行です。
夫婦では行ってないので旅費は私1人分だけで済みました。うっれし~!

宿は友人が選んでくれて予約もしてくれました。
友人は「ここ、前から行ってみたかったんだ~!」と嬉しそう。


お花見九兵衛までの行き方


お花見九兵衛は山中温泉のお宿で、最寄り駅は加賀温泉駅という駅になります。
アクセスは加賀温泉駅からバスで25分。前もってお願いすれば無料で送迎バスを出してくれます。

車でないなら絶対にバス予約した方がいいです。自分で行くのは結構大変。

加賀温泉駅の前はいろんなお宿のお迎えが来ていて、いたるところに自分の宿の旗を持ったおじさんが立っておりました。
まわりにたくさんお宿があるんだね。

友人が前もってバスを手配してくれていたので、それに乗り込んでいざ出発☆
お喋りしながら宿に着くのを待ちます・・・。久しぶりに会った友人なので会話が止まりませんでした。

ちなみにお土産を買うなら加賀温泉前駅まえのアビオシティ加賀がおすすめ。
石川県のお土産がいろいろ揃っています。


桜が降ってくるお出迎え。そして団子が美味い


途中で「ゆげ街道」を通りながら、お宿に着きました。
ゆげ街道というのは温泉街みたいなもので、通りにお土産屋さんや食べ物屋さんがずらっと並んでいる通りのことです。


さーて、お宿に入ります。
ゲートを通っていきフロントに出ると・・・なんと頭上から桜が舞っているではありませんか!
お出迎えの時間に合わせて桜の花びらを降らせているようです。粋なお出迎えですね。
舞い散る桜にキャッキャと喜ぶアラサー女子ふたり(*'ω'*)


そして早々とチェックインを済ませると、今度はお団子とさくらのお茶のサービスがありました

小さめのみたらし団子なんですが、これが美味しいのなんの!
ほどよく柔らかくて今まで食べたみたらし団子のなかで一番美味しかった。ナンバーワン。


部屋からの景色がいい


お部屋は10~12.5畳の和室、花庄庵(かしょうあん)に泊まりました。
窓からの景色はバツグン。広い窓いっぱいに森の緑が映ります。
そして下には川が流れてました。結構激しく流れていてこちらまで川の音が聞こえてくるほどです。

アメニティーも一通り揃っていて、化粧水など利用させてもらいました。

大浴場・露天風呂両方あります


山中温泉は松尾芭蕉が愛した名湯の1つなんだとか。

お花見九兵衛では大浴場と露天風呂が別れていて、それぞれ別の場所に設けられています。
大浴場で身体を洗ってから露天風呂に向かいましたが、露天風呂に行くまで一旦外に出ることになるのでちょっと寒かったりしました。

露天風呂には浴槽が二つあって、ずっと温泉が注がれているタイプの温泉でした。
温度はちょうどいい熱さでもう極楽極楽~って感じです(*´▽`*)
気になる臭いはまったくありませんでした。


温泉を出たあとにはポットにお茶が用意してあったりジュースがあったりと、好きに飲むことが出来るようになっていて嬉しかったですね。

卓球台もあったのでお好きな方はぜひやってみるといいかも。


夕飯が豪華!北陸は海産物がほんとに美味しい


夕飯は部屋食にしてもらいました。

温泉に入ってほかほかでまったりしている状態の中、仲居さんがテキパキと用意してくれます。上げ膳据え膳でなんて極楽なんだ・・・!


お刺身。北陸のお刺身は関東とは美味しさが全然違う。歯ごたえも違う。
持ち歩きして食べたいレベル。


これはたしか飛騨牛のなんとか。わさびを溶かして食べると激うま。
あっという間に食べてしまいました。

他にもトリュフご飯やバイ貝など豪華なご飯がたくさん出てきて、私達はいちいちオーバーリアクションで驚きながら食べておりました。あー美味しかった。綺麗に完食です。

個人的に気に入ったのは「お口直し」に出たシャーベット。ゼリーが入っているシュワシュワしたシャーベットなんだけど、初めて食べた感じでとっても美味しくてなくなるのがもったいないくらいだった。あれだけでもまた食べたい。


朝ごはん


あっという間に楽しい夜はすぎ、朝がやってきました。
寝ぼけながらも露天につかり、頭をシャキッとさせたところで朝ごはんが運ばれてきました。これも部屋食です。


右上にはお味噌汁があり、左上の火鉢はお魚を焼くためのものです。
おかずがたくさんあるのでご飯が一杯では足りず、何回かおかわりしてしまいました。

ここのお宿はご飯が本当に美味しい。
仲居さんはフレンドリーでよく話しかけてくれるし、気分よく滞在させてくれるいいお宿です。

友人とまた来ようね!と約束して宿を離れました。

周辺観光



お花見九兵衛から徒歩で行ける範囲としては、「こおろぎ橋」が徒歩10分、「ゆげ街道」と「あやとり橋」が徒歩15分といったところです。どちらも平坦な道で行けるので足は疲れませんでした。(※こおろぎ橋の前だけは坂があるので注意です。)

道は難しくないですが、宿で地図がのったパンフレットをもらっていくことをオススメします。


ゆげ街道は通りがとても綺麗だし、両側にいろんなお店があるみたいなので時間があればゆっくり見たらいいと思います。(私達は時間がなかったので通りを見たくらい)

あやとり橋はほんとにあやとりで出来た橋みたいな風貌で、クネクネしていて不思議な橋でした。
車で訪れている人もいたので結構観光名所なのかも?


特別派手なものはないけど、のんびりした温泉街という雰囲気でした。
なんといっても自然豊かな場所にあるので最初の写真の通り、まわりは森森森・・・っていう感じです。


都会の喧騒に疲れた方にはうってつけのお宿だと思います。
ぜひ、おすすめですよ。


公式サイト:お花見九兵衛
タグ

台湾の味を日本で!春水堂(チュンスイタン)の台湾フードが美味しかったからまた行きたい【代官山店】


先日代官山に行く機会がありまして、道中で以前から気になっていた台湾カフェである「春水堂」(チュンスイタン)を見つけたので夫婦で入店してみました。

私が何故このお店を知ったかというと、名前は忘れましたがとある女優さんのインタビュー番組でこの台湾カフェが大好きだという箇所を見たからでした。彼女が紹介していたのは表参道店でしたが、お店の名前だけをぼんやり覚えていたので代官山店でも通りがかりに見つけることが出来ました。


春水堂はいまや人気ドリンクとなったタピオカミルクティー発祥の店といわれており、台湾で45店舗を展開するお茶専門カフェです。2013年に日本上陸しており、その第一号店が代官山店なんだそう。


お茶専門カフェといいますが、タピオカを使ったドリンクはもちろんのこと、台湾ヌードルや台湾スイーツのお店でもあります。
よってランチに使って良し、お茶所として使っても良し、ディナーにももってこいで使い勝手の良さそうなお店だなという印象でした。
ちなみに私達はランチで利用しました。


11時オープンとともに入店したので私達夫婦が一番のり。待ってましたといわんばかりに入店したのでちょっと恥ずかしかったりもしましたが、オープンから3年経ったとはいえ人気店、私達のあとに続々とお客さんが入店してきて結局私たちはメニューに迷っている間にレジ前は混みだしていました。


レジで注文を行い、番号札をもらって席で待っているうちに料理が運ばれてきます。


私が選んだのは牛肉麺のAセット(牛肉麺、高菜漬け、ミルクティー、タピオカ豆花)
飲み物は他のものも選ぶことが出来て、タピオカ豆花はちまきと好きな方を選べました。
牛肉が隠れちゃってますがネギの下にもちゃんと入ってます。


牛肉は柔らかくて所々トロトロしてて美味しかった~!麺は太目だけどちょうどいい歯ごたえ。スープが脂っこくないから女性でもスープ飲み干せそうでした。(私は飲まなかったけど)


そして右上のミルクティーの大きさを見てください!想像していたよりもだいぶ大きなカップでミルクティーが運ばれてきてびっくりしてしまいました。カフェとして使うならたくさんお喋りできてしまいそうな量です。


春水堂では「お茶マイスター認定制度」を取り入れていて、認定された人しかドリンクを作ることが出来ないそうです。
ミルクティーは甘くて深みがあって、たっぷり入っていてとても美味しくて大満足でした。
味のイメージが難しいのですが、例えるなら「紅茶花伝」の茶葉の香りを深くして台湾っぽくした感じでしょうか。


普通のミルクティーにしたのでタピオカは入っていませんが、プラス料金を払えばセットでもタピオカドリンクを頼むことができるようです。


台湾スイーツのタピオカ豆花は初めて食べたのですが、なんだか新鮮な味でした。
杏仁豆腐みたいな味をイメージしていたのですが、杏仁豆腐より甘さ控えめで食感はホロホロした感じの豆腐っぽい。
甘いんだけどお茶の香りもして、表現が難しいけどとっても美味しかったんです
タピオカミルクティー発祥のお店だけあってタピオカも美味しい。
一緒に食べるとなお美味しくて幸せ。



夫は五香湯麺の単品を注文。
左上に乗っている葉っぱはパクチーです。


なんだか夫だけ単品で気の毒と思われる方もいるかもしれませんが大丈夫!ミルクティーもタピオカ豆花も2人でシェアするために私だけセットにしました。

サイドメニューを2人で分けるには少ないかなと思いましたが、ミルクティーは見ての通り大きいし、タピオカ豆花も2人で食べても充分おいしさがわかる量だったので結果的にこれで良かったと思いました。

e10.png



お会計は2人で2516円。
単品ずつで頼めば2人でも2000円以下に抑えられるんじゃないかな。

カフェとして使ってもドリンクは一杯500円前後なので、他のカフェでお茶するのとあまり値段は変わらないと思います。このクオリティーならむしろ安い方かと。
お洒落だけどかしこまった感じじゃないのが入りやすくていいよね。


春水堂は現在7店舗あるそうです。(東京都・神奈川県・福岡県)
お近くに行くことがあれば是非試してみてはいかがでしょう。


※2016年11月現在の情報です。実際に行くときは公式サイトでお確かめください。
公式サイト:春水堂


タグ

関連記事(一部広告含む)


Copyright © まろの生活ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます